ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

マルチコア プロセッサ ターゲット

マルチコア システムまたは FPGA システムへの配布用に設計されたシステムの同時実行のモデル化

マルチコア プログラミング、すなわち同時実行のモデル化は、マルチコア プロセッサおよびマルチプロセッサ システムで配布するための同時実行システムの作成に役立ちます。このようなシステムの例には、信号処理やプラント制御システムがあります。Simulink® の分割とマッピングの手法は、同時実行向けシステムの設計時に一般的な課題の解決に役立ちます。

次の図は、CPU および FPGA ベースのマルチプロセッサ システム上で実行するために設計された、関数を複数使用するサンプルのシステムを示します。システムは複数のコンポーネントに分割され、それらは CPU タスク スケジューラまたは FPGA にマッピングされます。

マルチコア プログラミングの基本についての詳細は、マルチコア プログラミングの概念を参照してください。同時実行向けのシステムを Simulink で設計する方法の詳細については、Simulink によるマルチコア プログラミングを参照してください。

関数

Simulink.architecture.config同時実行用のコンフィギュレーションの作成と変換
Simulink.architecture.addモデルの選択したアーキテクチャへのタスクまたはトリガーの追加
Simulink.architecture.deleteモデルの選択したアーキテクチャからのトリガーまたはタスクの削除
Simulink.architecture.find_systemアーキテクチャ オブジェクトのオブジェクトの検索
Simulink.architecture.get_paramアーキテクチャ オブジェクトのコンフィギュレーション パラメーターの取得
Simulink.architecture.importAndSelectモデルの同時実行環境用のターゲット アーキテクチャのインポートと選択
Simulink.architecture.profile同時実行用に構成されたモデルのプロファイル レポートの生成
Simulink.architecture.register同時実行ターゲット アーキテクチャのセレクターへのカスタム ターゲット アーキテクチャの追加
Simulink.architecture.set_paramアーキテクチャ オブジェクトのプロパティの設定

クラス

Simulink.GlobalDataTransfer同時実行データ転送の設定

例および操作のヒント

同時実行用のモデルの構成

Simulink モデルを構成して同時実行を利用する方法を説明します。

ターゲット アーキテクチャの指定

同時実行用に構成されたモデルのターゲット アーキテクチャを選択または定義します。

明示的な分割を使用したモデルの分割

明示的な分割を使用して、タスクを追加し、分割を作成して個々のタスクを分割にマッピングします。

同時実行タスク間でのデータ転送設定の構成

同時実行分割間でのデータ転送を処理するオプションを指定します。

マルチコア ターゲットでの最適化と配布

明示的な分割を使用して同時実行用にモデルを構成し、ターゲットに配布します。

Simulink へのデータのパラレル化の実装

次の例は、Simulink モデル内のシステムにデータのパラレル化を実装する方法を示しています。

Simulink へのタスクのパラレル化の実装

タスクのパラレル化を Simulink モデル内のシステムに実装する方法を説明します。

Simulink へのパイプラインの実装

次の例は、Simulink モデル内のシステムにパイプラインを実装する方法を示しています。

マルチコア プログラミング向けのコアに対するタスクの割り当て

この例では、グラフィカルな分割によって、マルチコア プロセッサ上でコード実行を利用する方法を示します。

マルチコア プロセッサおよび FPGA への FFT の実装

この例では、モデルをグラフィカルに分割することで、マルチコア プロセッサ ターゲットを FPGA アクセラレーションで利用する方法を示します。

プラント モデルのマルチコア展開

この例では、グラフィカルな分割を使用することで、マルチコア プロセッサ上でマルチスレッド コードの実行を利用する方法を示します。

概念

マルチコア プログラミングの概念

同時実行用のモデル化に関連する理論を説明します。

Simulink によるマルチコア プログラミング

Simulink を使用した同時実行用のモデル化。

モデルの暗黙的な分割と明示的な分割

暗黙的な分割と明示的な分割との主な違いについて学習します。

[同時実行] ウィンドウ: [メイン] ペイン

同時実行のタスクを構成するためのパラメーター

同時実行に対するデータ転送オプション

このタブでは、マルチコア プロセッサをもつターゲット用のモデルを構成するためのデータ転送オプションが表示されます。

マルチコア プログラミングでサポートされるターゲット

同時実行モデルをサポートされるマルチコア ターゲットに配布します。

Simulink でのマルチコア プログラミングの制限事項

同時実行用にモデルを分割する際の制限事項と考慮事項。

注目の例