Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

System object の Simulink 向けのカスタマイズ

MATLAB System ブロックで使用するための System object™ のカスタマイズ

MATLAB System ブロックは、MATLAB® で定義された System object を Simulink® のブロックとして使用できるようにします。ブロックの外観や出力の制御、または For Each Subsystem での System object の使用を可能にするには、提供された実装方法を使用して System object をカスタマイズします。System object の定義の詳細については、基本的な System object の定義またはSystem objectを参照してください。

メソッド

すべて展開する

getIconImplブロック アイコンとして表示される名前
getHeaderImplSystem object 表示のヘッダー
getInputNamesImplMATLAB System ブロック入力端子の名前
getOutputNamesImplMATLAB System ブロック出力端子の名前
getPropertyGroupsImplSystem object 表示のプロパティ グループ
getSimulateUsingImpl[シミュレーション実行方法] パラメーターの値を指定
showSimulateUsingImpl[シミュレーション実行方法] パラメーターの可視性
showFiSettingsImplSystem object の固定小数点データ型タブの可視性
allowModelReferenceDiscreteSampleTimeInheritanceImpl離散サンプル時間に関するモデル参照のサンプル時間継承状態
getGlobalNamesImplMATLAB システム ブロックのグローバル変数名
getDiscreteStateImpl離散状態プロパティ値
getDiscreteStateSpecificationImpl離散状態のサイズ、データ型および複素数/実数
getOutputDataTypeImpl出力端子のデータ型
getOutputSizeImpl出力端子のサイズ
getSimulinkFunctionNamesImplSystem object で使用する Simulink 関数名の登録
isOutputComplexImpl出力端子の複素数/実数
isOutputFixedSizeImpl固定サイズまたは可変サイズの出力端子
processTunedPropertiesImpl調整可能なプロパティが変更された場合のアクション
propagatedInputComplexitySimulink の伝播時の入力の実数/複素数
propagatedInputDataTypeSimulink の伝播時の入力のデータ型
propagatedInputFixedSizeSimulink の伝播時の入力の固定サイズ ステータス
propagatedInputSizeSimulink の伝播時の入力のサイズ
isInputDirectFeedthroughImpl入力の直達のステータス
outputImplSystem object の入力または内部状態からの出力計算
updateImpl入力に基づくオブジェクト状態の更新
createSampleTimeサンプル時間の指定オブジェクトの作成
getSampleTimeImplサンプル時間タイプ、オフセット時間およびサンプル時間を指定する
getSampleTimeクエリのサンプル時間
getCurrentTimeMATLAB System ブロックの現在のシミュレーション時間
setNumTicksUntilNextHitSimulink サンプル時間の目盛りの数を設定する
supportsMultipleInstanceImplSimulink For Each Subsystem での System object のサポート

クラス

すべて展開する

matlab.system.display.Iconカスタム アイコン イメージ
matlab.system.display.Actionカスタム ボタン
matlab.system.display.HeaderSystem object プロパティのヘッダー
matlab.system.display.SectionSystem object のプロパティ グループ セクション
matlab.system.display.SectionGroupSystem object のセクション グループ

トピック

概要

Simulink で使用する System object の定義

MATLAB System ブロックを作成して、ブロックのダイアログ ボックスを対話形式でプレビューします。

System object を使用した Simulink でのシステム設計

System object を使用して Simulink でシステムを設計する。

ブロックの外観

System ブロックの外観のカスタマイズ

MATLAB System ブロックのアイコン、入力名と出力名をカスタマイズする。

System ブロック ダイアログ ボックスのカスタマイズ

タブ、グループ、説明などを追加して、MATLAB System ブロックのダイアログ ボックスをカスタマイズします。

入出力

モデル参照の離散サンプル時間継承の設定

System object に対してモデル参照の離散サンプル時間継承を許可しないようにします。

System object でのグローバル変数の使用

グローバル変数を System object で使用するために定義する。

出力の指定

Simulink が System object 出力の特性を推定できない場合、サイズ、データ型、実数/複素数、または離散状態の出力を指定するメソッドを追加します。

特殊な使用例

非直達の更新および出力の使用

updateImploutputImpl および isInputDirectFeedthroughImpl メソッドを使用して、System object の非直達を実装します。

For Each Subsystem のサポートの有効化

Simulink For Each Subsystem で System object を使用することで、For Each Subsystem のサポートを有効にします。

MATLAB System ブロックの System object のサンプル時間の指定

この例では、System object™ メソッドを使用して MATLAB System ブロックのサンプル時間を制御する方法を示します。

関連情報

注目の例