Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

System object を使用したブロックの実装

MATLAB System ブロックを使用した Simulink® での System object™ の使用

MATLAB System ブロックは System object を使用して Simulink に MATLAB® アルゴリズムを実装します。MATLAB System ブロックの使用を開始する前に、System object をブロックに関連付けていなければなりません。System object は特殊な MATLAB クラスで、動的システムの実装およびシミュレーション専用に設計されています。

ブロック

MATLAB SystemSystem object をモデルに含める

例および操作のヒント

MATLAB System ブロックの実装

ブロックを実装して System object をそのブロックに割り当てます。

System object を使用して実装したブロックの変更

別の System object でブロックを実装します。

MATLAB システム ブロックのサンプル時間の指定

ブロックのサンプル時間とは、ブロックが出力を生成する時期、そしてその内部状態を更新する時期を示すパラメーターです。

MATLAB System ブロックからの Simulink 関数の呼び出し

MATLAB System ブロックから Simulink 関数を呼び出す方法を学習

ブロックのアイコンと端子ラベルの変更

ブロックのアイコンの外観を変更する。

伝播メソッドの追加と実装

出力の仕様を定義するには、伝播メソッドを使用します。

フィードバック ループでの System object の使用

System object 経由で非直達データを処理する。

その他のブロックとのデータ共有

global キーワードおよび Data Store Memory ブロックまたは Simulink.Signal オブジェクトを使用し、MATLAB System とその他のブロック間でデータを共有します。

概念

MATLAB System ブロック

System object を使用してユーザー独自のアルゴリズムを実装します。

System object コードの MATLAB System ブロック ダイアログ ボックスへのマッピング

System object ソース コードは、ブロック ダイアログ ボックスの外観を制御します。

シミュレーション モード

Simulink モデルで MATLAB System ブロックを使用して、インタープリター型実行またはコード生成によるシミュレーションを実行できます。

Simulink エンジンと System object メソッドとの相互作用

MATLAB System ブロックが Simulink エンジンのコンテキスト内で System object メソッドを呼び出す順序のプロセス ビューに従います。

非バーチャル バスと MATLAB System ブロック

非バーチャル バスを入出力信号として使用する。

その他のブロックとのデータ共有

global キーワードおよび Data Store Memory ブロックまたは Simulink.Signal オブジェクトを使用し、MATLAB System とその他のブロック間でデータを共有します。

Simulink での System object の使用のための考慮事項

可変サイズの信号、調整可能なパラメーターおよび For Each subsystem を使用するときは、以下のガイドラインを考慮します。

トラブルシューティング

Simulink の System object のトラブルシューティング

Simulink で System object をトラブルシューティングする場合は以下のガイドラインを使用します。

関連情報

注目の例