Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

System object コードの MATLAB System ブロック ダイアログ ボックスへのマッピング

System object™ ソース コードは、ブロック ダイアログ ボックスの外観を制御します。このセクションでは、MATLAB System ブロックを使用した FIR システムのシステム同定の例を使用して、System object コードをブロック ダイアログ ボックスにマッピングします。この例では、System object のブロック ダイアログ ボックスへの既定のマッピングを使用する System object とカスタム マッピングを使用する System object の 2 つを使用します。

ブロック ダイアログ ボックスへの System object の既定のマッピング

以下の図は、getHeaderImpl または getPropertyGroupsImpl メソッドを使用してダイアログをカスタマイズしていない場合に、ソース コードがダイアログ ボックスの要素にどのように対応するかを示しています (ソース コードを開くリンクと [シミュレーション実行方法] パラメーターはすべての MATLAB System ブロック ダイアログ ボックスに表示されます)。

MATLAB System ブロックを使用した FIR システムのシステム同定例の Delay ブロックは、既定のマッピングを使用してダイアログ ボックスを描画する System object を使用します。このブロックには 1 つの入力と 1 つの出力があります。

このブロックは、直達が false (非直達) に設定された System object を使用します。この設定は、System object が出力の計算に入力を直接使用しないことを意味します。これにより、モデルで代数ループを生じさせることなく、このブロックをフィードバック システムで安全に使用できます。非直達の詳細は、フィードバック ループでの System object の使用を参照してください。

カスタム ブロック ダイアログ ボックスの例については、ブロック ダイアログ ボックスへの System object のカスタム マッピングを参照してください。

ブロック ダイアログ ボックスへの System object のカスタム マッピング

LMS Adaptive ブロックは、カスタムのヘッダーとプロパティ グループをもつブロックの例です。System object コードは、matlab.System から getHeaderImpl メソッドおよび getPropertyGroupsImpl メソッドを使用して、これらのブロック ダイアログ要素をカスタマイズします。

LMS Adaptive Filter ブロックは、Unknown System および Delay ブロックで形成される未知のシステムの係数を推定します。その入力は目的の信号かつ実際の信号です。その出力は推定された信号で、推定された係数の誤差のベクトル ノルムです。ここでは lmsSysObj System object を使用します。

この System object のソース コードでは、ブロックの 2 つの入力および出力端子も定義されます。

関連するトピック