Main Content

showFiSettingsImpl

System object の固定小数点データ型タブの可視性

構文

flag = showFiSettingsImpl

説明

flag = showFiSettingsImpl は、MATLAB® System ブロックのダイアログ ボックスに [データ型] タブを表示するかどうかを指定します。[データ型] タブには、MATLAB System ブロックでの固定小数点データの処理を制御するパラメーターが含まれます。タブに表示されるパラメーターを指定することはできません。showFiSettingsImpl を実装する場合、シミュレーション モードはコード生成に設定されます。

[データ型] タブに表示されるパラメーターを以下に示します。これらのパラメーターはカスタマイズできません。

  • [整数オーバーフローで飽和] — 組み込み整数型の整数オーバーフロー時に行うアクションを制御するためのチェック ボックス。既定では、このチェック ボックスはオンになっており、飽和させることを示しています。[MATLAB System fimath] オプションとして [MATLAB と同じ] が選択されている場合も、これが既定の設定です。

  • [これらの継承される Simulink 信号タイプを fi オブジェクトとして扱う] — 継承されたどのデータ型を fi データ型として扱うかを示すプルダウン。使用可能なオプションは、以下のとおりです。

    • [固定小数点] (既定値)

    • [固定小数点および整数]

  • [MATLAB System fimath] には 2 つのラジオ ボタン オプション、

    • [MATLAB と同じ] (既定値) — MATLAB の現在の固定小数点演算の設定を使用します。

    • [それ以外を指定] — 目的の固定小数点演算設定を指定するためのエディット ボックスを有効にします。

    固定小数点の算術の設定については、fimath (Fixed-Point Designer) を参照してください。

実行時の詳細

showFiSettingsImpl は MATLAB System ブロックによって呼び出されます。詳細については、System object メソッドにマッピングされる Simulink エンジン フェーズを参照してください。

メソッドのオーサリングのヒント

  • タブを表示しない場合は、このメソッドをクラス定義ファイルに実装する必要はありません。

  • このメソッドでは Access = protected と設定しなければなりません。

出力引数

すべて展開する

[データ型] タブを MATLAB System ブロックのマスクに表示するかどうかを示すフラグ。論理スカラー値として返されます。true 値が返されると、タブが表示されます。false 値の場合はタブが表示されません。

すべて展開する

MATLAB System ブロックのダイアログ ボックスに [データ型] タブを表示します。

methods (Static, Access = protected)
   function isVisible = showFiSettingsImpl
     isVisible = true;
   end
end

isVisible フラグを true に設定した場合、MATLAB System ブロックを使用してオブジェクトを Simulink® に追加したときに、タブが次のように表示されます。

R2016a で導入