Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink エンジンと System object メソッドとの相互作用

System object メソッドにマッピングされる Simulink エンジン フェーズ

この図は、MATLAB System ブロックが Simulink® エンジンのコンテキスト内で System object™ メソッドを呼び出す順序のプロセス ビューを示しています。

次の点に注意してください。

  • Simulink は、シミュレーション中に各タイム ステップで stepImploutputImpl および updateImpl メソッドを複数回呼び出します。Simulink は通常、他のメソッドをシミュレーションごとに 1 回だけ呼び出します。

  • Simulink エンジンは、伝播メソッドの使用中に、isOutputFixedSizeImplgetDiscreteStateSpecificationImplisOutputComplexImplgetOutputDataTypeImplgetOutputSizeImpl を呼び出します。

  • Simulink は、SimState、シミュレーション ステッパーおよび高速リスタートを保存および復元するために saveObjectImplloadObjectImpl を呼び出します。

  • 既定の実装では、パブリック アクセスをもつすべてのプロパティ (DiscreteState を含む) が保存および復元されます。

参考

関連する例

詳細