ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

digitalFilter クラス

デジタル フィルター

説明

  • 応答タイプ resp のデジタル フィルター d を設計する場合は、designfiltd = designfilt(resp,Name,Value) の形式で使用します。さらに、Name,Value ペアのセットを使用してフィルターを規定します。

  • 既存のフィルター d を編集する場合は、designfiltdesignfilt(d) の形式で使用します。

    メモ

    digitalFilter オブジェクトは、この方法でのみ編集できます。それ以外の場合、このオブジェクトのプロパティは読み取り専用です。

  • digitalFilterd を使用して信号をフィルター処理するには、dataOut = filter(d,dataIn) の型の filter を使用します。入力は倍精度または単精度のベクトルです。あるいは、入力チャネルと同数の列をもつ行列です。

  • digitalFilterd の可視化には、fvtool を使用します。

  • 以下の関数は入力として digitalFilter オブジェクトをとります。

フィルター処理と解析関数

フィルター処理

関数説明

fftfilt

FFT ベースのオーバーラップ加算法を使用して、digitalFilter により信号をフィルター処理する

filter

digitalFilter を使用して信号をフィルター処理する

filtfilt

digitalFilter により信号のゼロ位相フィルター処理を実行する

フィルター解析

関数説明

double

digitalFilter の係数を倍精度にキャストする

filt2block

digitalFilter に対応する Simulink® Filter ブロックを生成する

filtord

digitalFilter のフィルター次数を返す

firtype

FIR digitalFilter のタイプ (1、2、3 または 4) を返す

freqz

digitalFilter の周波数応答を返す、またはプロットする

fvtool

フィルターの可視化ツールを開き、digitalFilter の振幅応答を表示する

grpdelay

digitalFilter の群遅延応答を返す、またはプロットする

impz

digitalFilter のインパルス応答を返す、またはプロットする

impzlength

digitalFilter のインパルス応答の実際の長さ (FIR フィルターの場合) または有効な長さ (IIR フィルターの場合) を返す

info

digitalFilter に関する情報を含む文字配列を返す

isallpass

digitalFilter がオールパスの場合に true を返す

isdouble

digitalFilter の係数が倍精度の場合に true を返す

isfir

digitalFilter が有限インパルス応答をもつ場合に true を返す

islinphase

digitalFilter が線形位相をもつ場合に true を返す

ismaxphase

digitalFilter が最大位相の場合に true を返す

isminphase

digitalFilter が最小位相の場合に true を返す

issingle

digitalFilter の係数が単精度の場合に、true を返す

isstable

digitalFilter が安定している場合に true を返す

phasedelay

digitalFilter の位相遅延応答を返す、またはプロットする

phasez

digitalFilter の (アンラップされた) 位相応答を返す、またはプロットする

single

digitalFilter の係数を単精度にキャストする

ss

digitalFilter の状態空間表現を返す

stepz

digitalFilter のステップ応答を返す、またはプロットする

tf

digitalFilter の伝達関数表現を返す

zerophase

digitalFilter のゼロ位相応答を返す、またはプロットする

zpk

digitalFilter の零点-極-ゲイン表現を返す

zplane

digitalFilter によって表現される伝達関数の極と零点を表示する

R2014a で導入