ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tf

デジタル フィルターの伝達関数への変換

構文

[num,den] = tf(d)

説明

[num,den] = tf(d) は、デジタル フィルター d を分子ベクトルおよび分母ベクトルに変換します。

すべて折りたたむ

通過帯域周波数が 75 kHz、通過帯域リップルが 0.2 dB の 6 次ハイパス FIR フィルターを設計します。サンプルレートを 200 kHz に指定します。等価な伝達関数の係数を計算します。

hpFilt = designfilt('highpassiir','FilterOrder',6, ...
         'PassbandFrequency',75e3,'PassbandRipple',0.2, ...
         'SampleRate',200e3);
[b,a] = tf(hpFilt)
b = 1×7

    0.0003   -0.0019    0.0048   -0.0064    0.0048   -0.0019    0.0003 ⋯

a = 1×7

    1.0000    4.0580    7.5656    8.1243    5.2561    1.9348    0.3164 ⋯

入力引数

すべて折りたたむ

デジタル フィルター。digitalFilter オブジェクトで指定します。デジタル フィルターを周波数応答仕様に基づいて生成するには、関数 designfilt を使用します。

例: d = designfilt('lowpassiir','FilterOrder',3,'HalfPowerFrequency',0.5) は、正規化された 3 dB の周波数 0.5π ラジアン/サンプルをもつ 3 次のバタワース フィルターを指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

分子係数。行ベクトルとして返される。

データ型: double

分母係数。行ベクトルとして返される。

データ型: double

R2014a で導入