自動車向け MATLAB および Simulink

明日のモビリティを設計、シミュレーション、展開する

MATLAB® および Simulink® は、自動車業界におけるエンジニアリング組織の自動車開発プロセスを加速し、安全性、快適性、燃料経済性、および性能の面で市場要件を満たす自動車の提供を可能にします。

自動車業界のエンジニアは MATLAB と Simulink を使用すると、以下のことを実現できます。

  • シミュレーションを実行してトレードオフを評価し、設計を最適化
  • 知覚、計画、および制御アルゴリズムの開発とテスト
  • ラピッド プロトタイピングによる要件の早期検証
  • MCU、GPU、SoC、および FPGA デバイス用のプロトタイピングまたは生産用のコードを浮動小数点または固定小数点で生成
  • テスト車両と生産車両のデータの解析
  • AUTOSAR および ISO 26262 規格への適合

 

「Simulink は特に開発プロセスの 2 つの段階において役に立ちました。まず開発初期には、Simulink を活用してアイデアを試作し、どのように機能するかを可視化することができました。そして、コードを生成して実車テストの実施後にも、シミュレーション実行、設計の調整、コード再生成を繰り返すことができました。」

Jonny Andersson, Scania

自動車への MATLAB の使用

自動運転および先進運転支援システム (ADAS)

MATLAB および Simulink を使用して、知覚、計画、制御機能などの自動運転機能の開発を加速します。Simulink でシミュレーションを実行し、プログラムで生成されたシーンを使用して、これらの機能のテスト、統合、調整を行います。また、高価なプロトタイプ車両を使用することなく、さまざまな道路、交通量、環境条件でテストカバレッジを最大化できます。


自動車工学における AI

MATLAB を使用して、複数台の車両データのアクセスと前処理、機械学習と予測モデルの構築、およびエンタープライズ IT システムへのモデル展開を行います。MATLAB を使用して、ファイル、データベース、およびクラウドに格納されたデータにアクセスできます。これは、 機械学習とディープラーニング アプリを使用したモデル化手法の探索や、CPU、NVIDIA® GPU、クラウド、データセンター リソースなどの並列処理によるアルゴリズムの高速化に役立ちます。機械学習モデルから C/C++ コードへの自動変換、およびディープラーニング モデルから CUDA® コードへの自動変換によって、学習済みモデルやネットワークを、他言語に再コーディングすることなくプロダクション IT システムに展開することが可能になります。


AUTOSAR

MathWorks は AUTOSAR プレミアムメンバーであり、この規格の発展に積極的に参加しております。特に AUTOSAR 開発プロセスにおけるモデルベースデザインの完全な適用に注力しています。Simulink および AUTOSAR Blockset™ を使用して、Classic および Adaptive AUTOSAR システムの設計とシミュレーションを行います。次に Embedded Coder® を使用して、Classic 用には C、もしくは Adaptive 用には C++ で AUTOSAR コードを生成します。System Composer によるコンポジション オーサリングと、往復 ARXML ベースの統合がサポートされています。


ISO 26262

基準となるモデルベースデザインワークフローで MATLAB とSimulink を使用して、機能安全規格である ISO 26262 によって課されるプロセスの励行を達成します。Embedded Coder、Simulink モデル検証ツール、および Polyspace® コード検証ツールは、ISO 26262 に従って TÜV SÜD から ASIL A – D に対する事前認証を取得しています。この認証は、アプリケーション固有の自動検証ワークフローに基づいています。これは Back-to-back モデルとコードテストをサポートします。C コードの生成に加えて、Embedded Coder ISO 26262 ツール認証の使用事例には、AUTOSAR および C++ コード生成機能が含まれています。


電気自動車

モデルベースデザインでは、シミュレーションを使用して電動パワートレイン アーキテクチャのトレードオフ検討を行い、バッテリパックやトラクションモーターなどの主要コンポーネントをサイズ設定してから、プロトタイプ車を構築できます。車両制御ユニット (VCU)、モーター制御ユニット (VCU) 、バッテリー管理システム (BMS) などの電気自動車のキーコントローラーへ、ラピッド コントロール プロトタイピング、モデル検証、および量産コード生成を使用することで、コンセプトからプロトタイプへ素早く移行します。


ご不明な点があればご連絡ください。

カスタム評価とニーズに合った価格については、お問い合わせください。

自動車関連 MathWorks 技術コンサルティング

MATLAB、Simulink およびその他の MathWorks 製品を最大限にご活用ください。