AUTOSAR Blockset

更新

AUTOSAR Classic ソフトウェア コンポーネントのモデル化

Simulink で AUTOSAR のポート、インターフェイス、およびその他の設定を使用して、AUTOSAR Classic ソフトウェア コンポーネントを自動的に作成します。

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントのモデル化

AUTOSAR Adaptive プラットフォーム用に、AUTOSAR Blockset を使用して、Simulink で既定の AUTOSAR 端子、サービス インターフェイス、およびその他の構成を使用してソフトウェア コンポーネントを自動的に生成します。

BSW サービスを使用した AUTOSAR コンポジションおよび ECU ソフトウェアのシミュレーション

NVRAM Manager、Diagnostic Event Manager、Function Inhibition Manager などの基本ソフトウェア (BSW) サービスとともに、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントとコンポジションをモデル化してシミュレーションします。

AUTOSAR ソフトウェア アーキテクチャのモデル化

Simulink でソフトウェア コンポジション、インターフェイスがあるコンポーネント、データ型、プロファイル、ステレオタイプを作成します (System Composer を使用)。新しい Simulink コンポーネントモデルを作成する、既存のコンポーネントモデルにリンクする、または ARXML ファイルからインポートすることで、アーキテクチャモデルでコンポーネントの動作を指定します。

スケジューリングとシミュレーションの構成

スケジュール エディターを使用して、シミュレーションのコンポーネント ランナブルの実行順序をスケジュールおよび指定します。この機能を使用して、コンポーネントレベルとコンポジションレベルで AUTOSAR ECU ソフトウェアの動作を検証します。

AUTOSAR 設計ワークフロー

ボトムアップ ワークフローを使用して、既存の Simulink 設計を AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント モデルにマッピングし、アーキテクチャを表示して、コードと ARXML を生成します。トップダウン ワークフローを使用して、アーキテクチャから開始し、ARXML ファイルを Simulink またはアーキテクチャモデルにインポートして、アルゴリズムを開発します。または、ラウンドトリップ ワークフローを使用して、両方の手法を組み合わせます。

AUTOSAR アプリケーションの量産向け C/C++ コードの生成

Embedded Coder を使用して、量産向け C/C++ コードと AUTOSAR XML ファイルを生成します。検証用コードを使用して、ソフトウェアインザループ (SIL) テストとプロセッサ インザループ (PIL) テストを実行します。

コード置換による最適化されたライブラリルーチンの生成

事前設定された AUTOSAR ブロックとコード置換を使用して、AUTOSAR Classic アプリケーション用に最適化されたライブラリルーチンを生成します。

ISO 26262 および MISRA C 準拠の達成

IEC Certification Kit を使用して、Embedded Coder で生成されたコードの ISO 26262 に対する適格性を確認します。Polyspace Code Prover™ を使用して、生成された AUTOSAR コードの MISRA® C に対する準拠を検証し、ランタイムエラーをチェックして、コードと AUTOSAR ARXML 記述の間の不一致を検出します。

「モデルベースデザイン (MBD、モデルベース開発) を使用することで、グラフィカルな設計、シミュレーション、コード生成により、高品質の AUTOSAR 準拠のコードを開発できます。」

Santhosh Jogi, Luigi Milia, and Sebastiano Tesio, FCA