AUTOSAR Blockset

新製品

 

AUTOSAR Blockset

AUTOSAR ソフトウェアの設計とシミュレーション

 

AUTOSAR Blockset は、Simulink® モデルを使用して Classic および Adaptive の AUTOSAR ソフトウェアを開発する AUTOSAR ディクショナリとブロックを提供します。AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのプロパティ、インターフェイス、データ型を定義して、AUTOSAR エディターにより既存の Simulink モデルにマッピングできます。また、このブロックセットには、AUTOSAR XML ファイルからソフトウェア コンポーネントとコンポジションの記述をインポートして AUTOSAR 向けに Simulink モデルを自動的に生成できるアプリケーション インターフェイスが用意されています。

AUTOSAR Blockset は、NVRAM や Diagnostics などの AUTOSAR ライブラリ ルーチンと基本ソフトウェア (BSW) サービスのためのブロックや構造体を提供します。アプリケーション ソフトウェアモデルとともに BSW サービスをシミュレートすることで、Simulink 内で AUTOSAR ECU ソフトウェアを確認できます。

AUTOSAR Blockset は C と C++ の量産用コード生成と AUTOSAR XML ファイルのエクスポートをサポートします (Embedded Coder® を使用)。ブロックセットは ISO 26262 標準での使用に準拠しています (IEC Certification Kit を使用)。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのモデル化

AUTOSAR のプロパティを設定して Simulink 要素を AUTOSAR の仕様にマッピングすることで AUTOSAR Classic と Adaptive ソフトウェア コンポーネントをモデル化します。

AUTOSAR Classic ソフトウェア コンポーネントのモデル化

Simulink でのデフォルトの AUTOSAR ポート、インターフェイス、および他の設定を使用して AUTOSAR Classic ソフトウェア コンポーネントを自動的に作成します。

AUTOSAR Classic ソフトウェア コンポーネントのモデル化。

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントのモデル化

AUTOSAR Adaptive プラットフォームに、AUTOSAR Blockset を使用して Simulink でのデフォルトの AUTOSAR ポート、インターフェイス、および他の設定でソフトウェア コンポーネントを自動的に生成します。

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントのモデル化。

AUTOSAR プロパティの詳細設定

AUTOSAR エディターとディクショナリを使用して AUTOSAR Classic と Adaptive モデルにおける AUTOSAR プロパティの詳細設定を編集してマッピングします。

Explore gallery (2 images)

AUTOSAR コンポジションと ECU のシミュレーション

基本ソフトウェア (BSW) サービスとともに AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントとコンポジションをモデル化してシミュレートします。

ソフトウェア コンポーネントからコンポジションへのスケーリング

モデル参照を使用してソフトウェア コンポーネントから AUTOSAR ソフトウェア コンポジションを作成します。Dashboard ブロックでコンポジションの挙動を可視化します。

入力制御や Dashboard ブロックなどのコンポジションのシミュレーション。

AUTOSAR BSW サービスをシミュレートするためのブロック

NVRAM Manager や Diagnostics Event Manager などの BSW サービス用ブロックと構造体を使用して、アプリケーション ソフトウェア モデルとともに BSW サービスをシミュレートします。Simulink から直接 AUTOSAR ECU ソフトウェアを確認します。

Explore gallery (2 images)

ソフトウェア コンポジションのシミュレーションとテスト

Simulink でコンポジションの挙動をモデル化してシミュレートします。Simulink Test™ を用いて AUTOSAR コンポジション モデルのためのバックツーバック テストのワークフローをオプションで実施します。

AUTOSAR コンポジションのテスト。

AUTOSAR 記述アーティファクトのインポートとエクスポート (ARXML ファイル)

ボトムアップ、トップダウン、およびラウンドトリップでの AUTOSAR アーキテクチャと設計ワークフローを用いて AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを開発します。

Simulink モデルを使って始める

既存もしくは新しく作成した Simulink モデルを使用し、AUTOSAR エディターを用いて AUTOSAR 用に設定します。次に Embedded Coder を使用して ARXML ファイルを生成します (ボトムアップ AUTOSAR ワークフロー)。

AUTOSAR コンポーネントのクイック スタート ツールを使用して Simulink モデルを AUTOSAR に設定。

AUTOSAR アーキテクチャから始める

AUTOSAR オーサリングツールから、ARXML ファイルを Simulink コンポーネンツとコンポジションモデルとしてインポートします。次に Simulink で詳細設計をモデル化します。更新された ARXML ファイルが使用可能になったら、モデルの更新を行います (トップダウン AUTOSAR ワークフロー)。

Simulink モデルと AUTOSAR アーキテクチャの間での反復

AUTOSAR のために設定した Simulink モデルを更新して、更新された ARMXL ファイルをエクスポートし、AUTOSAR オーサリングツールにマージします。オーサリングツールから、更新された ARXML ファイルをエクスポートして、Simulink モデルでアーキテクチャの変更をマージするため ARXML ファイルをインポートします (ラウンドトリップ AUTOSAR ワークフロー)。

Simulink モデルと AUTOSAR アーキテクチャの間での反復。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントからコードを生成して確認

量産用 C および C++ AUTOSAR コードを生成して確認します。

AUTOSAR 量産向けコードの生成

Embedded Coder で、C/C++ コードと AUTOSAR XML ファイルを生成します。確認のためコードに対し SIL および PIL テストを実施します。

Explore gallery (2 images)

AUTOSAR ライブラリルーチンのためのブロックとコード変換

事前設定済みの AUTOSAR ブロックとコード変換を使用して、AUTOSAR Classic アプリケーションのための最適化ライブラリルーチンを生成します。

Explore gallery (2 images)

ISO26262 と MISRA-C への準拠

IEC Certification Kit で Embedded Coder が生成したコードを ISO 26262 に準拠させます。生成した AUTOSAR コードが MISRA-C に準拠していると確認するには、Polyspace Code Prover™ を使用してランタイム エラーを確認し、コードと AUTOSAR ARXML の記述の間のミスマッチを検索します。

IEC Certification Kit で ISO 26262 用のコードを生成。 

新機能

AUTOSAR Blockset での AUTOSAR 規格のための Embedded Coder サポートパッケージのリプレース

新しい AUTOSAR Blockset が MATLAB と Simulink のモデル シミュレーションで使用可能です。AUTOSAR Classic と Adaptive プラットフォームのための AUTOSAR C/C++ コードと XML コンポーネント記述を生成するには Embedded Coder が必要です。

AUTOSAR パースペクティブ

コードマッピング エディターと AUTOSAR ディクショナリを使用したソフトウェア コンポーネントのマッピングと設定

AUTOSAR Classic リリース 4.3.1

AUTOSAR XML のインポートとエクスポートに対するサポートをスキーマバージョン 4.3 まで拡張

AUTOSAR Adaptive

AUTOSAR Adaptive プラットフォーム リリース 18.10 のサポート

AUTOSAR コンポジション

AUTOSAR コンポジションを Simulink モデルとしてインポート

基本ソフトウェアサービスのためのブロック

Diagnostic や NVRAM などの基本ソフトウェアサービスをモデル化してシミュレートするブロックの使用

AUTOSAR ライブラリルーチンのためのブロック

AUTOSAR ルックアップテーブル ブロックを使用して補完用の AUTOSAR IFL と IFX ライブラリルーチンを生成

これらの機能および対応する関数の詳細については、リリースノートを参照してください。

ご質問はこちらへ

AUTOSAR Blockset 技術エキスパート、Shwetha Bhadravathi Patil へのお問い合わせ

無料評価版を入手する

30 日間の無料評価版はこちら

今すぐダウンロード

購入する

価格を見ると関連製品の確認

あなたは学生ですか?

MATLAB および Simulink のアカデミック版の入手

詳細を見る