AUTOSAR Blockset

 

AUTOSAR Blockset

AUTOSAR ソフトウェアの設計とシミュレーション

詳細を見る:

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのモデル化

AUTOSAR のプロパティを設定して Simulink 要素を AUTOSAR の仕様にマッピングすることで AUTOSAR Classic と Adaptive ソフトウェア コンポーネントをモデル化します。

AUTOSAR Classic ソフトウェア コンポーネントのモデル化

Simulink でのデフォルトの AUTOSAR ポート、インターフェイス、および他の設定を使用して AUTOSAR Classic ソフトウェア コンポーネントを自動的に作成します。

AUTOSAR Classic ソフトウェア コンポーネントのモデル化

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントのモデル化

AUTOSAR Adaptive プラットフォーム向けに、AUTOSAR Blockset を使用して Simulink のデフォルトの AUTOSAR ポート、インターフェイス、および他の設定に基づいてソフトウェア コンポーネントを自動的に生成します。

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントのモデル化

AUTOSAR プロパティの詳細設定

AUTOSAR エディターとディクショナリを使用して AUTOSAR Classic と Adaptive モデルにおける AUTOSAR プロパティの詳細設定を編集してマッピングします。

ギャラリーを閲覧する (2 画像)

AUTOSAR コンポジションと ECU のシミュレーション

基本ソフトウェア (BSW) サービスとともに AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントとコンポジションをモデル化してシミュレートします。

ソフトウェア コンポーネントからコンポジションへのスケーリング

モデル参照を使用してソフトウェア コンポーネントから AUTOSAR ソフトウェア コンポジションを作成します。Dashboard ブロックでコンポジションの挙動を可視化します。

入力制御や Dashboard ブロックなどのコンポジションのシミュレーション

AUTOSAR BSW サービスをシミュレートするためのブロック

NVRAM Manager や Diagnostics Event Manager などの BSW サービス用ブロックと構造体を使用して、アプリケーション ソフトウェア モデルとともに BSW サービスをシミュレートします。Simulink から直接 AUTOSAR ECU ソフトウェアを確認します。

ソフトウェア コンポジションのシミュレーションとテスト

Simulink でコンポジションの挙動をモデル化してシミュレートします。Simulink Test™ を用いて AUTOSAR コンポジション モデルのためのバックツーバック テストのワークフローをオプションで実施します。

AUTOSAR コンポジションのテスト

AUTOSAR ソフトウェア アーキテクチャのモデル化

Simulink で AUTOSAR ソフトウェア アーキテクチャをモデル化します (要 System Composer)。

AUTOSAR アーキテクチャ モデルの作成

AUTOSAR アーキテクチャ モデルを使用すると、ソフトウェア コンポジション、ソフトウェア コンポーネント、ソフトウェア インターフェイスを Simulink で作成し、要件にリンクすることができます (要 Simulink Requirements™)。新しい Simulink コンポーネント モデルの作成、既存のコンポーネント モデルへのリンク、または ARXML からのコンポーネント モデルのインポートにより、アーキテクチャ モデルのコンポーネントの動作を指定することもできます。

スケジューリングとシミュレーションを設定

診断サービス コンポーネント ブロックや NVRAM サービス コンポーネント ブロックなど、基本ソフトウェア (BSW) ブロックをアーキテクチャ モデルに追加して、BSW サービスの呼び出しをシミュレートすることができます。さらに、Schedule Editor を使用して、シミュレーション用のコンポーネントのランナブルの実行順序をスケジュールおよび指定できます。これにより、Simulink 内で AUTOSAR ECU ソフトウェアを確認できます。

スケジュール エディターを使用した、AUTOSAR のランナブル実行順序の設定

コンポジションの ARXML 記述とコンポーネントコードの生成とパッケージ化

コンポジションとコンポーネントの ARXML 記述をエクスポートし、コンポーネントコードを生成して、AUTOSAR ランタイム環境と統合するために、ビルド アーティファクトをパッケージ化できます。

コンポジションの ARXML およびコンポーネントコードの生成

AUTOSAR 記述アーティファクトのインポートとエクスポート (ARXML ファイル)

ボトムアップ、トップダウン、およびラウンドトリップでの AUTOSAR アーキテクチャと設計ワークフローを用いて AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを開発します。

Simulink モデルを使って始める

既存もしくは新しく作成した Simulink モデルを使用し、AUTOSAR Component Designer アプリを用いて AUTOSAR 用に設定します。次に Embedded Coder を使用して ARXML ファイルを生成します (ボトムアップ AUTOSAR ワークフロー)。

AUTOSAR コンポーネントのクイック スタート ツールを使用して Simulink モデルを AUTOSAR に設定。

AUTOSAR アーキテクチャから始める

AUTOSAR オーサリングツールから、ARXML ファイルを Simulink コンポーネンツとコンポジションモデルとしてインポートします。次に Simulink で詳細設計をモデル化します。更新された ARXML ファイルが使用可能になったら、モデルの更新を行います (トップダウン AUTOSAR ワークフロー)。

Simulink モデルと AUTOSAR アーキテクチャの間での反復

AUTOSAR 用に設定された Simulink モデルを更新した際、ARXMLファイルをエクスポートしてモデル上の変更点をAUTOSAR オーサリングツールにマージできます。逆に、オーサリングツールから ARXML ファイルをエクスポートして、オーサリングツール上の変更点をSimulink モデルにマージできます(ラウンドトリップ AUTOSAR ワークフロー)。

Simulink モデルと AUTOSAR アーキテクチャの間での反復。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントからコードを生成して確認

量産用 C および C++ AUTOSAR コードを生成して確認します。

AUTOSAR 量産向けコードの生成

Embedded Coder で、C/C++ コードと AUTOSAR XML ファイルを生成します。確認のためコードに対し SIL および PIL テストを実施します。

ギャラリーを閲覧する (2 画像)

AUTOSAR ライブラリルーチンのためのブロックとコード変換

事前設定済みの AUTOSAR ブロックとコード変換を使用して、AUTOSAR Classic アプリケーションのための最適化ライブラリルーチンを生成します。

ギャラリーを閲覧する (2 画像)

ISO26262 と MISRA-C への準拠

IEC Certification Kit で Embedded Coder が生成したコードを ISO 26262 に準拠できます。生成した AUTOSAR コードが MISRA-C に準拠していると確認するには、Polyspace Code Prover™ を使用してランタイム エラーを確認し、コードと AUTOSAR ARXML の記述の間のミスマッチを検索します。

Polyspace Bug Finder は AUTOSAR C++14 コーディング規約違反を検出できます