AUTOSAR 向け MATLAB および Simulink

AUTOSAR (AUTomotive Open System ARchitecture) は、自動車製造会社、サプライヤー、およびツール開発会社により共同で開発された、オープンかつ標準化された自動車ソフトウェア アーキテクチャです。MathWorks は AUTOSAR プレミアムメンバーであり、この規格の発展に積極的に参加しております。AUTOSAR 開発プロセスでモデルベースデザインを使用する方法に注力しています。

AUTOSAR 規格は、現在と次世代の自動車 ECU をサポートする 2 つのプラットフォームを提供します。1 つ目は Classic プラットフォームで、パワートレイン、シャーシ、およびボディとインテリアのエレクトロニクスなどの従来のアプリケーションに使用されます。2 つ目は Adaptive プラットフォームで、高度な自動運転、Car-to-X、無線でのソフトウェア更新、または IoT (Internet of Things) の一部としての車両の使用など、コンピューター集中型のアプリケーションに使用されます。AUTOSAR 規格の Foundation は、AUTOSAR プラットフォームとの相互運用性を強化します。

Simulink® は AUTOSAR をネイティブでサポートします。AUTOSAR Blocksetによりエンジニアは、Simulink モデルを AUTOSAR Classic または Adaptive 仕様にマッピングできるようになります。また Embedded Coder® を使用して量産用 C および C++ AUTOSAR コードを生成することができます。Simulink、AUTOSAR Blockset、および Embedded Coder は、下図で表されている AUTOSAR アーキテクチャとのラウンドトリップでの統合をサポートします。

「Simulink および Embedded Coder により、私たちの顧客は、AUTOSAR 固有の詳細に煩わされることなく、アプリケーション ソフトウェアの開発に集中できるようになりました。モデルベースデザインにより彼らは、ECU でのテストより十分に前に、モデルインザループ テストで要件を検証することができました。」

Mahesh Ghivari, KPIT

AUTOSAR への MATLAB の使用

AUTOSAR アプリケーションの開発のための主な製品: