System Composer

システムおよびソフトウェア アーキテクチャの設計と解析

System Composer™ により、モデルベースシステムズ エンジニアリングとソフトウェア設計用のアーキテクチャおよび構成の定義、解析、仕様作成が可能です。System Composer を使用して、要件を割り当てながら、アーキテクチャモデルを調整し、それを Simulink® で設計してシミュレートします。

System Composer を使用すると、システムをコンポーネントとインターフェイスの観点から記述するアーキテクチャモデルを作成またはインポートできます。また、アーキテクチャモデルを Simulink の設計や C/C++ コードのアーキテクチャ要素から取り込むことができます。モデルのカスタムライブビューを作成して、特定の設計や解析の課題を検討できます。これらのアーキテクチャモデルを使用して、要件の解析、ステレオタイプ化によるプロパティの取得、トレードスタディの実行、仕様および ICD の作成ができます。

始める:

アーキテクチャ オーサリング

モデルベースシステムズエンジニアリングおよびソフトウェア設計用のアーキテクチャ、構成、およびインターフェイスの仕様を作成し、詳細を指定します。

構成の階層

使い慣れたコンポーネント、ポート、コネクタ モデリング アプローチを使用して、システムコンポーネントの階層およびソフトウェアの分解をスケッチします。設計の詳細を繰り返し追加して、Simulink で実装できるように準備します。

インターフェイス管理

コンポーネント間で交換される情報を定義するために、インターフェイスをポートで指定し、調整します。単位、タイプ、その他の特性を確認して、ポート間のインターフェイスの互換性を検証します。インターフェイスをディクショナリで管理して、プロジェクトの複数のモデル間での再利用を容易にします。

新規のインターフェイスを作成するか、または既存のインターフェイスを選択して、インターフェイスをポートに適用します。データのタイプ、次元、単位、構造を指定します。

アーキテクチャのインポート

外部のリポジトリとファイルを MATLAB® に接続し、API を使用して情報を System Composer にインポートすることで、既存の設計成果物およびインターフェイス管理文書 (ICD) の情報を再利用します。

外部のリポジトリとファイルを MATLAB に接続し、API を使用して情報をインポートします。

Simulink の統合

モデルベースデザインを使用して、Simulink でアーキテクチャ仕様を実装します。

Simulink コンポーネントの作成およびリンク

Simulink の動作コンポーネントおよびインターフェイスをトップダウン アーキテクチャ設計の一部として作成、リンク、管理します。

Simulink モデルの再利用

既存の Simulink モデルからアーキテクチャモデルをボトムアップで作成します。既存の Simulink システムモデルから構成を抽出するか、または一連の Simulink コンポーネントモデルから構成を合成します。

動作仕様の作成

必要なシステム動作を Simulink および Stateflow® でキャプチャしシミュレートして、System Composer で要件とアーキテクチャを調整し検証します。

Stateflow を MATLAB App Designer とともに使用して、要件の調整および検証に使用する実行可能なプロトタイプを作成します。

要件の割り当てとトレーサビリティ

アーキテクチャモデル要素と要件を関連付けます。アーキテクチャを繰り返し分解しながら、仕様を作成するための追加要件を導き出します。

要件の割り当て

既存のソースからアーキテクチャ要素に要件を割り当てます。アーキテクチャ要素から要件を可視化およびトレースして、次のレベルの要件を導き出し、アーキテクチャを繰り返し分解します。

要求分析

Simulink Requirements™ を使用して、要件のカバレッジ解析を実行し、アーキテクチャの完全性を評価できます。要件の変更により生じた疑わしいリンクは、影響分析をサポートするために強調表示されます。

プロファイルと解析

アーキテクチャをドメイン固有の設計データを使用して拡張し、MATLAB 解析を適用してトレードスタディを実行します。

ステレオタイプ

ステレオタイプを使用して、カスタムプロパティをアーキテクチャ要素に追加します。相互に関連するステレオタイプを、アーキテクチャに適用できるプロファイルにグループ化して拡張します。

MATLAB 解析を使用したトレード研究

アーキテクチャをトレードスタディの結果に基づいて最適化します。アーキテクチャを階層または接続によって横断し、パラメトリック情報のロールアップを実行します。オンデマンドで適用される独自の MATLAB 解析スクリプトを作成します。

MATLAB を使用してアーキテクチャデータに直接アクセスし、独自の解析スクリプトを使用して、システムの総質量を計算するためのロールアップなどのトレードスタディを実行します。

モデルの再利用とパッケージ化

モデル、コンポーネント、インターフェイス、および設計データをプロジェクト内またはプロジェクト間で再利用します。System Composer Project を使用して、関連するモデル成果物を編成し、再利用を容易にします。

アーキテクチャ リファレンス

あるコンポーネントとその分解を 1 つのファイルに保存し、アーキテクチャの他のコンポーネントからそのコンポーネントを参照することにより、アーキテクチャ コンポーネント定義を再利用します。同じメカニズムを使用して、設計全体を個別のモデル成果物に分割します。1 つのコンポーネントについて複数の参照アーキテクチャ間でのバリアントを定義できます。

他のコンポーネントを実装するために使用できるインターフェイスと階層を含む、再利用可能なコンポーネントを作成します。

アーキテクチャ プロジェクト

大規模なアーキテクチャの場合、プロジェクトを使用して、コンポーネントの再利用、モジュール式チームベースの設計、個別のコンポーネントのリリースを容易にします。プロジェクトは、親プロジェクトから他のプロジェクトを参照できるようにすることで、大規模なプロジェクトのコンポーネント化をサポートします。

プロジェクトは、大規模なコンポーネント化をサポートする他のプロジェクトによって参照できます。

ライブモデルビュー

特定の設計や解析の課題用にモデルビューをカスタマイズします。他のモデルビューをアップデートするビューで変更を行い、後で使えるようにビューを保存します。

アーキテクチャビュー

複数のステークホルダーの間の通信を有効にして、特定の設計や解析の課題用にカスタマイズされたビューを作成します。たとえば、ソフトウェア、機械的、または電子的要素のみが含まれるビューを作成できます。ビューを通じて、コンテキスト内でデザインプロパティを編集し、要件をリンクすれば、これがモデルを通じて反映されます。

スポットライトビュー

コンポーネントとその結合性のコンテキストを表す事前構成されたビューを生成します。これを使うことで、どのコンポーネントとインターフェイスが変更の影響を受けるかを確認できます。

新機能

AUTOSAR Composition Editor

Composition Editor を使用してコンポジションを作成し、BSWサービスを持つ機能的挙動をシミュレーション (要 AUTOSAR Blockset)

ツールストリップ

必要なときに System Composer の機能へアクセスして発見

アーキテクチャビュー

異なった関心領域のため 1 つのアーキテクチャモデルから複数の永続ビューを作成

アーキテクチャモデル クエリ

カスタムクエリを作成し、アーキテクチャモデルのビューを自動的に生成

要求仕様のリンク

要件をアーキテクチャおよびスポットライトビューの要素にリンク (要 Simulink Requirements)

インターフェイス アダプター

異なっているが互換性のあるインターフェイスを持つコンポーネント間の、インターフェイス マッピングを視覚的に指定

これらの機能および対応する関数の詳細については、リリースノートを参照してください。

無料評価版を入手する

30 日間の無料評価版はこちら

今すぐダウンロード

あなたは学生ですか?

MATLAB および Simulink 学生向けソフトウェアの入手

詳細を見る