Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

SIL および PIL による AUTOSAR C コードの検証

Classic Platform 用 AUTOSAR ソフトウェアの開発の一環として、ソフトウェアインザループ (SIL) およびプロセッサインザループ (PIL) シミュレーションを使用して、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのコード検証を実行できます。生成されたソース コードを開発用コンピューター上で検証する場合は SIL を使用し、オブジェクト コードを製品ターゲット ハードウェア上で検証する場合は PIL を使用します。

コード検証は動作および構造の比較を通じて、コンポーネント モデルと生成されたコードの間の等価性を実証します。次のことを実行できます。

  • ノーマル モードのシミュレーション結果を SIL または PIL のシミュレーション結果と比較することによって、コンポーネント モデルと生成されたコードの間の数値的な等価性をテストします。

  • モデル カバレッジとコード カバレッジの比較や、トレーサビリティ解析の実施によって、意図しない機能が存在しないことを示します。

    • コード カバレッジ メトリクスを生成する SIL および PIL シミュレーションを設定します。

    • モデルのオブジェクトと生成されたコードの間の双方向トレーサビリティを提供するレポートを生成します。

AUTOSAR モデルでは、最上位モデルまたは Model ブロックのいずれかを設定することにより、SIL および PIL テストを実行します。

  • AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのユニットレベルのテストでは、最上位モデルの SIL または PIL を使用します。シミュレーション モードを [ソフトウェアインザループ (SIL)] または [プロセッサインザループ (PIL)] に設定することによって、AUTOSAR システム ターゲット ファイル ([autosar.tlc]) 用に構成された最上位モデルをテストできます。

  • AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントから参照されるサブコンポーネントのユニットレベルのテストでは、Model ブロック SIL または PIL を使用します。サブモデルの Model ブロックで、[シミュレーション モード] を SIL または PIL に設定し、[コード インターフェイス][モデル参照] に設定します。

  • 複数の AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのコンポジションレベルのテストでは、コンポジション、アーキテクチャ、またはテスト ハーネス モデル内でコンポーネント モデルを参照します。テスト対象の各コンポーネントに対する Model ブロックで、[シミュレーション モード] を SIL または PIL に設定し、[コード インターフェイス][最上位モデル] に設定します。

詳細については、Simulation with Top Model (Embedded Coder)およびSimulation with Model Blocks (Embedded Coder)を参照してください。

Simulink® Test™ ソフトウェアを使用している場合は、テスト ハーネスを使用して次を実行できます。

  • AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのコンポジションレベルのテストを実行する。詳細については、Testing AUTOSAR Compositions (Simulink Test)を参照してください。

  • AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントで Atomic サブシステムのユニットレベルのテストを実行する。詳細については、Unit Test Subsystem Code with SIL/PIL Manager (Embedded Coder)を参照してください。

関連する例

詳細