Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

SIL および PIL による AUTOSAR C コードの検証

Classic Platform 用 AUTOSAR ソフトウェアの開発の一環として、ソフトウェアインザループ (SIL) およびプロセッサインザループ (PIL) シミュレーションを使用して、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントにモデル ベースの検証を実行できます。生成されたソース コードを開発用コンピューター上で検証する場合は SIL を使用し、オブジェクト コードを製品ターゲット ハードウェア上で検証する場合は PIL を使用します。以下に例を示します。

  • AUTOSAR システム ターゲット ファイル ([autosar.tlc]) 用に構成された最上位モデルを、[ソフトウェアインザループ (SIL)] シミュレーション モードおよび [プロセッサインザループ (PIL)] シミュレーション モードを使用して実行できます。

  • Model ブロック SIL または PIL を使用して AUTOSAR の最上位モデル コードまたはサブモデル コードをテストできます。

    • AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント モデルをテストするには、AUTOSAR コンポーネント モデルを参照するハーネス モデルを使用します。Model ブロックで、[シミュレーション モード] を SIL または PIL に設定し、[コード インターフェイス][最上位モデル] に設定します。

    • AUTOSAR モデル内で AUTOSAR にマッピングされていないサブモデルをテストするには、AUTOSAR モデルを開きます。AUTOSAR 以外のサブモデルの Model ブロックで、[シミュレーション モード] を SIL または PIL に設定し、[コード インターフェイス][モデル参照] に設定します。

詳細については、Simulation with Top Model (Embedded Coder)およびSimulation with Model Blocks (Embedded Coder)を参照してください。

AUTOSAR システム ターゲット ファイル用に設定されたコンポーネントのための SIL または PIL ブロックを作成できます。以下に例を示します。

  1. AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント モデルを開きます。

  2. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。

    • [ハードウェア実行] ペインで、適切なプロパティを設定します。

    • [コード生成] ペインで、[コード生成のみ] オプションをオフにします。

    • [コード生成][検証] で、詳細設定パラメーター [ブロックの作成][SIL] に設定します。

  3. モデルのコードを生成して SIL ブロックを作成するには、Ctrl+B キーを押します。

  4. 生成されたブロックを、テスト ベクトルまたは入力を提供するハーネス モデルに追加します。

  5. ハーネス モデルを使用してシミュレーションを実行します。

ただし、SIL および PIL ブロックの検証は、Simulink Function ブロックおよび Function Caller ブロック用に生成されたコードはサポートしません (たとえば、AUTOSAR のクライアント/サーバー構成にある場合)。

関連する例

詳細