Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

User-Defined Functions

MATLAB Function、MATLAB System、Simulink Function、Initialize Function などのカスタム関数のブロック

User-Defined Functions ライブラリのブロックを使用して、新しいタイプのブロックを作成することにより Simulink® モデル化機能を拡張します。MATLAB コード、C/C++ コードおよび Fortran コードを使用してブロック アルゴリズムを実装できます。

ブロック

C CallerSimulink で C コードを統合
C Function外部 C コードの Simulink モデルからの統合と呼び出し
Function CallerSimulink またはエクスポートされた Stateflow 関数の呼び出し
Initialize Functionモデル初期化イベントでコンテンツを実行します。
Interpreted MATLAB FunctionMATLAB 関数または式を入力に適用
Level-2 MATLAB S-Functionモデルで Level-2 MATLAB S-Function を使用
MATLAB Function組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含める
MATLAB SystemSystem object をモデルに含める
Reset Functionモデル リセット イベントでコンテンツを実行する
S-Functionモデルに S-Function を追加
S-Function BuilderC または C++ コードを統合して S-Function を作成する
Simulink FunctionSimulink ブロックで定義される関数
Terminate Functionモデルの終了イベントでコンテンツを実行する