業界規格

DO-254

DO-254 規格は、航空システムで使用するハードウェアを認定するための一連の目標を定義しています。この規格は、飛行ソフトウェア認定の同等の規格である DO-178 に基づいてモデル化されています。DO-178 と同様に、DO-254 の目標を達成するには次のようないくつかのプロセスが必要になるため、時間とコストがかかることがあります。

  • 要件の管理とトレース
  • 設計規格への準拠
  • 確認と検証

モデルベースデザインを用いることで、エンジニアは、コスト削減と開発期間短縮の利点を実現した上で、要件の早期検証、要件への自動リンク、モデルとコードの規格チェック、コード生成、レポート アーティファクトの生成、およびテストケースの再利用により、DO-254 の目標を達成することができます。

MATLAB®Simulink®、および HDL Coder™ は、DO-254 に対応するモデルベースデザイン(MBD、モデルベース開発)に関係する主な開発作業をサポートしています。

重要な検証タスクをサポートするその他の製品

  • Simulink Requirements™ を使用すると、Simulink 内での要件の作成、解析、管理ができます。Simulink Check™ は、開発中の標準およびガイドライン違反を特定するための、業界認定のチェックやメトリクスを提供します。Simulink Test™Simulink Coverage™ は、モデルカバレッジ解析などのモデル検証を実施します。
  • HDL Verifier™ は、HDL シミュレーターと FPGA ハードウェアインザループを使用して Verilog® および VHDL® コードを検証します。
  • Simulink Report Generator™ は、モデルとテスト結果を文書化します。
  • DO Qualification Kit は、モデルベースデザインで用いる上記の検証ツールおよびその他の検証ツールのツール検定を有効にします。