業界規格

DO-178C と関連規格

DO-178C は DO-178B 規格のアップデートであり、現在の業界における開発および検証での実践に即した、モデルベースの開発と検証 (DO-331) および形式的手法 (DO-333) の補足が含まれています。ツール検定は DO-330 で対応しています。

MATLABSimulink は、以下の図やこのビデオシリーズでも説明されているとおり、DO-178C に対応するモデルベースデザインをサポートしています。

「Simulink を使用したモデリングは、チームの ARP 4754 の作業に役立ちます。特に、システムレベルの要件の検証、要件ベースでのテストの開発、サプライヤーが Simulink と Embedded Coder を使用して DO-178 レベル A フライトコードを生成する際に使用する低レベルのソフトウェア要件の定義に役立ちます。」

Rodrigo Fontes Souto, Embraer

MATLAB および Simulink での DO-178 規格

製品

サービス

ビデオ、Web セミナー、およびデモ

MATLAB および Simulink 製品ファミリがサポートする関連規格

  • DO-178C、航空システムと機器の認定におけるソフトウェアの検討事項
  • DO-278A、通信、航法、監視/航空交通管理 (CNS/ATM) システムソフトウェアにおける整合性保証のガイドライン
  • DO-248C、DO-178C および DO-278A のサポート情報
  • DO-330、ソフトウェアツールの適格性の証明に関する考慮事項
  • DO-331、DO-178C および DO-278A を補足するモデルベースの開発と検証
  • DO-332、DO-178C および DO-278A を補足するオブジェクト指向テクノロジーと関連手法
  • DO-333、DO-178C および DO-278A を補足する形式的手法

プレス