MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この半日ごと4日間の実習コースでは、Simulink Real-Time™と、Speedgoat リアルタイムハードウェアを使用した、ラピッドプロトタイピング(RCP)と ハードウェアインザループ(HIL) テストのワークフローについて学習します。受講者はデスクトップ・ベースのシミュレーション・アプリケーションを ターゲット・マシン上で動作させる方法や、物理的なハードウェアと連携させリアルタイムで動作させながら出力を分析する方法について学びます。 このコースは、開発プロセスにおいてリアルタイムテストを採用している中級から上級の Simulink®ユーザーを対象としています。

1日目


ワークフローの概要

目的: リアルタイムハードウェアの設定、ホストコンピュータとターゲットコンピュータとの通信テストを行います。

  • リアルタイム テストの概要
  • ホスト コンピューターとターゲット コンピューターの設定
  • リアルタイム アプリケーションの実行
  • パラメーターの調整
  • 信号の計測と可視化
  • スタンドアロンアプリケーションの作成

リアルタイム アプリケーションの開発 

目的: ラピッドプロトタイピング(RCP)用に、Simulink モデルに Speedgoat ドライバブロックを実装してリアルタイムアプリケーションとしてビルドする方法について学びます。

  • 永久磁石同期モータ (PMSM) ハードウェアの紹介
  • プラントモデルからプラントハードウェア インターフェイスへの変換
  • Speedgoat I/O ドライバーの実装

2日目


リアルタイム アプリケーションの開発 

目的: ラピッドプロトタイピング(RCP)用に、Simulink モデルに Speedgoat ドライバブロックを実装してテストベンチを作成する方法について学びます。

  • センサーとアクチュエータのテスト
  • 物理ハードウェアによる閉ループリアルタイム シミュレーションの実行
  • Simulink Dashboard ブロックの使用
  • 信号のバッファリング

対話型インターフェイスの作成 

目的: App Designerを使用して、リアルタイムアプリケーション用の対話型インターフェースを作成する方法について学びます。

  • ユーザーインターフェイスコンポーネントの作成
  • リアルタイムアプリケーションタスクの実行
  • 信号の可視化
  • パラメーターの調整

3日目


リアルタイム テストの自動化

目的: Simulink Testによって、自動テストのための事前準備と自動テストを実施します。

  • 自動化されたテスト用のハーネスの作成
  • テスト シーケンスの作成
  • 入力セットとパラメーター セットの反復
  • テスト結果の解析
  • MATLAB でのリアルタイム テストの自動化

通信プロトコルの使用 

目的: ターゲットマシンと標準通信プロトコルとのインターフェイスとなるようIOブロックを設定する方法について学びます。

  • Simulink Real-Time による通信プロトコルのサポート
  • リアルタイム UDP
  • I2C ループバック テスト

4日目


リアルタイム実行のためのプラントモデルの最適化

目的: ハードウェアインザループ(HIL)テスト用にターゲットコンピュータに実装するプラントモデルの最適化を行う方法について学びます。

  • プラントモデルの精度測定
  • リアルタイム パフォーマンスの解析
  • モデル ソルバーの最適化
  • 代替モデルの実装評価

ハードウェアインザループ テスト 

目的: ハードウェアインザループ(HIL)テスト用にインターフェイスの設定を行い、システム要件を満たすかテストを実施します。.

  • ハードウェアインザループ (HIL) ワークフローの概要
  • 製品ハードウェアでのコントローラー アルゴリズムの実行
  • HIL システムの設定
  • HIL テストの実行

レベル: 上級

必要条件:

期間: 2 日間

言語: English

スケジュールを確認して登録する