MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この1日コースでは、システム要求に対する Simulink®モデルの動作をテストするための実践的なテクニックについて学びます。主に、 Simulink Test™、Simulink Requirements™、Simulink Coverage™、Simulink Design Verifier™の活用方法について学び、モデルの品質向上テクニックを習得することができます。 テストケースの作成方法から学び、テスト結果を効率的に解析・評価する手法を習得することができます。また、作成したテストケースを自動実行するためのテストスイートの作成・実行方法を学び、テスト自動化を実現するためのノウハウを学ぶことができます。

  • モデルベース デザインにおける検証の目的
  • Simulink モデル用のテスト ケースの開発
  • モデルの振る舞いを検証するためにシミュレーション結果を解析
  • テストの自動化および、結果の管理
  • 検証結果を含むドキュメントの自動生成

1日目


モデルベース デザインにおける検証

目的: Simulink 環境での検証および、妥当性確認について紹介し、それらが典型的なモデルベースデザインのワークフローにどのように適合するかを学びます。 この章では、MATLAB、Simulink、Simulink Requirements™ を使用します。

  • 継続的なテストと検証
  • 検証の種類
  • 電子スロットル制御プロジェクト

テスト ケースの開発

目的: Simulink モデルに対してタイムベースおよびロジックベースのテストケースを作成する方法について学びます。 この章では、MATLAB、Simulink、Simulink Test™ (テスト ハーネスおよび Test Sequence ブロック用)、Simulink Requirements™ を使用します。

  • テスト ケースの定義
  • テスト ハーネスの生成
  • テスト入力の作成とインポート
  • テスト用のロジックの組み込み

テスト結果の解析

目的: Simulink モデルのシミュレーション中および、シミュレーション後にテストを行い結果を解析する方法について学びます。 この章では、MATLAB、Simulink、Simulink Test™ (テスト ハーネスおよび Test Sequence ブロック用)、Simulink Requirements™、Simulink Coverage™ を使用します。

  • 要求仕様ベースの評価の実行
  • テスト結果のログ作成、検証および比較
  • モデル カバレッジの収集

テスト スイートの作成

目的: 繰り返し実行可能なテストグループを作成し、テスト結果に対して自動的にレポートを生成する方法について学びます。 この章では、MATLAB、Embedded Coder® (ソフトウェアインザループ検証用)、Simulink、 Simulink Test™ (テスト ハーネス、Test Sequence ブロック、テスト マネージャー用)、 Simulink Requirements™、Simulink Coverage™、Simulink Design Verifier™ (テスト生成用) を使用します。

  • テスト ファイルの作成
  • シミュレーション テスト、ベースライン テストおよび等価性テストの構成
  • テスト結果の表示とドキュメント化

レベル: 中級

必要条件:

  • MATLAB 基礎 コースおよび、Simulink 基礎 コースを受講済みの方。もしくは同等の知識を有している方。 なお、このコースはSimulinkの基本操作をすでにご存じで、日常的に使用されている方を対象としております。

期間: 1 日

言語: Deutsch, English, 日本語, 한국어, 中文

スケジュールを確認して登録する