MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この1日コースでは、外部(レガシー)Cコードを Simulink®モデルに取り込み、シミュレーションを可能にするテクニックを習得します。 外部C関数を簡単に取り込めるC Caller、C Function ブロックを始めとして、MATLAB関数・スクリプトにより、C関数を実行ファイル・ブロック化できるレガシーコードツール、自由度高くシミュレーション動作を指定できるC MEX S-function などの機能の 利点について理解します。このコースは、Cコードを扱うSimulink ユーザーを対象としています。一部、S-Functionブロック等を含むモデルからの自動コード生成も取り上げて解説します。

  • Simulink® ブロックを使用した外部 C コードの取り込み
  • レガシ コードからの S-Function の作成
  • ラッパー S-Function の記述
  • 取り込まれた C コードの展開
  • C コード取り込み方法の復習

Day 1 of 1


Simulink® ブロックを使用した外部 C コードの取り込み

目的: C CallerブロックとC Functionブロックを使用して、CコードをSimulinkモデルに取り込む方法について学習します。

  • アルゴリズム的な C コードの取り込み
  • カスタム データ型を持つ C コードの取り込み
  • 状態を持つコードの取り込み
  • カスタム C コード ブロックの共有

レガシ コードからの S-Function の作成

目的: 自動化ツールを使用して、Cコードを Simulink モデルに取り込む方法について学習します。

  • レガシ コード ツールを使用した外部 C 関数の呼び出し
  • 状態の取り扱い
  • コンパイル済み S-Function の共有

ラッパー S-Function の記述

目的: C MEX S-function をマニュアルコーディングして、Cコードを Simulink モデルに取り込む方法について学習します。

  • C MEX S-Function の記述
  • C MEX S-Function からの外部コードの呼び出し
  • 作業ベクトル
  • C MEX S-Function のデバッグ
  • マルチレート C MEX S-Function

取り込まれた C コードの展開

目的: Simulink Coder™ を使用してコードを自動的に生成するための手順と制限について学習します。

  • C Caller ブロックおよび C Function ブロックからのコードの生成
  • C MEX S-Function からのコードの生成
  • 関数のインライン化
  • ターゲット固有のコードの取り込み

C コード取り込み方法の復習

目的: 複数のコードの統合方法を確認し、それぞれの長所と短所について理解します。

  • すべての C コード取り込み方法の復習
  • C コード取り込み方法の選択

レベル: 中級

必要条件:

期間: 1 日

言語: English, 日本語

スケジュールを確認して登録する