業界規格

ARP-4754

ARP-4754 規格はシステム要件、要件検証、システム設計、およびシステム検証など、航空機認定におけるシステム エンジニアリングの側面に対応します。これは飛行ソフトウェア認定のための目標を設定する DO-178 と、飛行ハードウェア認定のための目標を設定する DO-254 によってサポートされています。2010 年に発表された ARP-4754A は、要件取得、プロトタイプ作成、および要件検証における、モデリングとシミュレーションの使用に関する情報を提供しています。

ARP-4754、DO-178、および DO-254 のような規格の目標を達成するには、厳格かつ十分に文書化された検証作業が必要になるため、時間やコストが大きくかかることがあります。

モデルベースデザインを用いることで、エンジニアは要件の早期検証、要件への自動リンク、モデルのシミュレーションと解析、モデルの規格チェック、レポート アーティファクトの生成、およびテストケースの再利用により、コスト削減と開発時間短縮の利点を実現した上で、ARP-4754 の目標を達成することができます。

MATLABSystem Composer、および Simulink は、以下の図に示すとおり、ARP-4754 対応のモデルベースデザインをサポートしています。

「Simulink を使用したモデリングは、チームの ARP 4754 の作業に役立ちます。特に、システムレベルの要件の検証、要件ベースでのテストの開発、サプライヤーが Simulink と Embedded Coder を使用して DO-178 レベル A フライトコードを生成する際に使用する低レベルのソフトウェア要件の定義に役立ちます。」

Rodrigo Fontes Souto, Embraer

MATLAB および Simulink での ARP-4754 規格


製品