Main Content

問題ベースの最適化および方程式の概要

問題ベースの設定の概要

問題ベースのアプローチを使用して問題を解くには、次の手順を実行します。

  • optimproblem を使用して最適化問題を作成するか、eqnproblem を使用して方程式を解く問題を作成します。

  • optimvar を使用して、最適化変数を作成します。

  • 目的関数、制約、または方程式を表す最適化変数を使用して、式を作成します。次のようなドット表記を使用して、問題に式を配置します。

    prob.Objective = expression1;
    probl.Constraints.ineq = ineq1;
  • 非線形問題の場合、最適化変数の名前をフィールドとしてもつ構造体として、初期点 x0 を作成します。

  • solve を呼び出して問題を解きます。

設定を改善する、パフォーマンスを向上させる、または問題ベースの設定の詳細を学習するには、問題ベースの構成とパフォーマンスの改善を参照してください。

Optimization Toolbox™ における並列計算については、最後のセクションを参照してください。Global Optimization Toolbox における並列計算については、How to Use Parallel Processing in Global Optimization Toolbox (Global Optimization Toolbox)を参照してください。

関数

すべて展開する

eqnproblem方程式問題の作成
optimproblem最適化問題の作成
optimvalues最適化問題の値の作成
optimvar最適化変数の作成
show最適化オブジェクトの情報表示
showbounds変数範囲の表示
write最適化オブジェクトの説明の保存
writebounds変数範囲の説明の保存
fcn2optimexpr関数から最適化式への変換
optimconstr空の最適化制約配列の作成
optimeq空の最適化等式配列の作成
optimineq空の最適化不等式配列の作成
optimexpr空の最適化式配列の作成
show最適化オブジェクトの情報表示
write最適化オブジェクトの説明の保存
evaluate最適化式の評価
findindex名前付きインデックス変数と等価な数値インデックスの検索
infeasibility点における制約違反
paretoplot多目的値のパレート プロット
prob2struct最適化問題または方程式問題のソルバー形式への変換
show最適化オブジェクトの情報表示
solve最適化問題または方程式問題の求解
solvers問題に対する既定のソルバーと有効なソルバーの決定
varindexソルバーベースの変数インデックスへの問題変数のマッピング
write最適化オブジェクトの説明の保存

オブジェクト

EquationProblem非線形方程式系
OptimizationConstraint最適化制約
OptimizationEquality等式と等式制約
OptimizationExpression最適化変数に関する算術式または関数式
OptimizationInequality不等式制約
OptimizationProblem最適化問題
OptimizationValues最適化問題の値
OptimizationVariable最適化用の変数

ライブ エディター タスク

最適化ライブ エディターでの方程式の最適化または解決

トピック

問題ベースの手順

制限

解法プロセスの調整と監視

アルゴリズム

Optimization Toolbox における並列計算