ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

writebounds

変数範囲の説明の保存

構文

writebounds(var)
writebounds(var,filename)

説明

writebounds(var) は、変数範囲の説明を variable_bounds.txt という名前のファイルに保存します。ここで、variablevarNameプロパティです。関数 writebounds は既存のファイルを上書きします。

writebounds(var,filename) は、変数範囲の説明を filename という名前のファイルに保存します。

すべて折りたたむ

最適化変数を作成し、その範囲をファイルに保存します。

x = optimvar('x',10,4,'LowerBound',randi(8,10,4),...
    'UpperBound',10+randi(7,10,4),'Type','integer');
writebounds(x,'BoundFile.txt')

BoundFile.txt の内容:

		7 <= x(1, 1) <= 14
		8 <= x(2, 1) <= 13
		2 <= x(3, 1) <= 16
		8 <= x(4, 1) <= 16
		6 <= x(5, 1) <= 12
		1 <= x(6, 1) <= 14
		3 <= x(7, 1) <= 14
		5 <= x(8, 1) <= 15
		8 <= x(9, 1) <= 15
		8 <= x(10, 1) <= 16
		2 <= x(1, 2) <= 12
		8 <= x(2, 2) <= 15
		8 <= x(3, 2) <= 15
		4 <= x(4, 2) <= 12
		7 <= x(5, 2) <= 11
		2 <= x(6, 2) <= 14
		4 <= x(7, 2) <= 17
		8 <= x(8, 2) <= 13
		7 <= x(9, 2) <= 15
		8 <= x(10, 2) <= 12
		6 <= x(1, 3) <= 16
		1 <= x(2, 3) <= 12
		7 <= x(3, 3) <= 14
		8 <= x(4, 3) <= 15
		6 <= x(5, 3) <= 17
		7 <= x(6, 3) <= 17
		6 <= x(7, 3) <= 14
		4 <= x(8, 3) <= 11
		6 <= x(9, 3) <= 12
		2 <= x(10, 3) <= 12
		6 <= x(1, 4) <= 16
		1 <= x(2, 4) <= 12
		3 <= x(3, 4) <= 16
		1 <= x(4, 4) <= 12
		1 <= x(5, 4) <= 17
		7 <= x(6, 4) <= 13
		6 <= x(7, 4) <= 12
		3 <= x(8, 4) <= 12
		8 <= x(9, 4) <= 15
		1 <= x(10, 4) <= 14

入力引数

すべて折りたたむ

最適化変数。OptimizationVariable オブジェクトとして指定します。optimvar を使用して、var を作成します。

例: var = optimvar('var',4,6)

ファイルへのパス。string または文字ベクトルとして指定します。パスは現在のフォルダーからの相対になります。結果として得られるファイルはテキスト ファイルであるため、通常、ファイル名の拡張子は .txt です。

例: "../Notes/steel_stuff.txt"

データ型: char | string

ヒント

  • コマンド ウィンドウで writebounds の情報を取得するには、showbounds を使用します。

R2017b で導入