ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージのレジストレーション

強度相関、特徴マッチングまたはコントロール ポイント マッピングを使用した、2 つのイメージの位置合わせ

Image Processing Toolbox™ と Computer Vision System Toolbox™ を組み合わせると、レジストレーション推定アプリによる対話型レジストレーション、強度ベースの自動イメージ レジストレーション、コントロール ポイント レジストレーション、自動特徴マッチングの 4 つのイメージ レジストレーション ソリューション が使用できます。方法の選択については、イメージ レジストレーションの方法を参照してください。

アプリ

レジストレーション推定2 次元グレースケール イメージのレジストレーション

関数

すべて展開する

imregister強度ベースのイメージ レジストレーション
imregconfig強度ベースのレジストレーションの構成
imregtform 2 つの 2 次元イメージまたは 3 次元イメージを位置合わせする幾何学的変換の推定
imregcorr位相相関を使用した、2 つの 2 次元イメージの位置を合わせる幾何学的変換の推定
imregdemons2 つの 2 次元イメージまたは 3 次元イメージを位置合わせさせる変位場の推定
imregmtb中央値しきい値ビットマップを使用した 2 次元イメージのレジストレーション
normxcorr2正規化された 2 次元相互相関
MattesMutualInformationマテス相互情報量メトリクスの構成
MeanSquares平均二乗誤差メトリクスの構成
RegularStepGradientDescent規則的なステップ勾配降下オプティマイザー構成
OnePlusOneEvolutionary(1+1) 進化のオプティマイザー構成
cpselect コントロール ポイント選択ツール
fitgeotrans幾何学的変換のコントロール ポイントのペアへの近似
cpcorr相互相関を使用したコントロール ポイントの位置の調整
cpstruct2pairs構造体 cpstruct からの有効なコントロール ポイントのペアの抽出
imwarpイメージへの幾何学的変換の適用

オブジェクト

すべて展開する

imref2d ワールド座標に対する 2 次元イメージの参照
imref3d ワールド座標に対する 3 次元イメージの参照
affine2d2 次元アフィン幾何学的変換
affine3d 3 次元アフィン幾何学的変換
projective2d 2 次元射影幾何学的変換

トピック

対話型イメージ レジストレーション

レジストレーション推定アプリを使用したイメージのレジストレーション

この例では、レジストレーション推定アプリを使用してイメージのペアの位置合わせを行う方法を説明します。

レジストレーション推定アプリでサポートされる手法

レジストレーション推定アプリには、特徴ベース、強度ベースおよび非剛体のレジストレーションに使用する 10 個のアルゴリズムがあります。

強度ベースの最適化を使用したイメージ レジストレーション

強度ベースの自動イメージ レジストレーション

強度ベースの自動イメージ レジストレーションでは、類似度メトリクス、オプティマイザーおよび変換タイプを使用して、2 つのイメージのレジストレーションを対話形式で行います。

強度ベースのイメージ レジストレーションのオプティマイザーとメトリクスの作成

モノモーダル イメージまたはマルチモーダル イメージに適したイメージ メトリクスとオプティマイザーを選択します。

レジストレーションの前処理手順としての位相相関の使用

位相相関は、イメージの位置が大幅にずれている場合に初期変換の推定に役立ちます。

マルチモーダル MRI イメージのレジストレーション

この例では、強度ベースの自動イメージ レジストレーションを使用して、2 つのマルチモーダル MRI イメージを共通の座標系に対して位置合わせする方法を説明します。

マルチモーダル 3 次元医用画像のレジストレーション

この例では、強度ベースの自動イメージ レジストレーションを使用して、2 つのボリューム イメージを位置合わせする方法を説明します。

正規化された相互相関を使ったイメージのレジストレーション

この例では、イメージのトリミングされたサブセットのより大きなイメージとの位置合わせに必要な変換を決定する方法を示します。

コントロール ポイント マッピングを使用したイメージ レジストレーション

コントロール ポイント レジストレーション

変換パラメーターを決定するために、一組のイメージの対応するポイントを選択します。

コントロール ポイント レジストレーションの幾何学的変換のタイプ

コントロール ポイント レジストレーションは、無反射相似変換、アフィン変換、射影変換、多項式変換、区分的線形変換、局所重み付き平均変換のパラメーターを推定できます。

コントロール ポイントの選択手順

一組のイメージに対話形式でコントロール ポイントを指定するには、コントロール ポイント選択ツールを使用します。

イメージの回転とスケーリングの検出

この例では、コントロール ポイントを使用して、回転およびスケールの変更によって違いの生じた 2 つのイメージの位置合わせを行う方法を示します。

相互相関を使用したコントロール ポイントの位置の改善

相互相関を使用してコントロール ポイントの選択を微調整します。

航空写真から正射写真へレジスタリング

この例では、コントロール ポイント マッピングを使用して、射影変換で 2 つのイメージのレジストレーションを行う方法を説明します。