Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

イメージのレジストレーション

強度相関、特徴マッチングまたはコントロール ポイント マッピングを使用した、2 つのイメージの位置合わせ

Image Processing Toolbox™ と Computer Vision Toolbox™ を組み合わせると、レジストレーション推定アプリによる対話型レジストレーション、強度ベースの自動イメージ レジストレーション、コントロール ポイント レジストレーション、自動特徴マッチングの 4 つのイメージ レジストレーション ソリューション が使用できます。どのアプローチを使用するかの選択についてのヘルプは、イメージ レジストレーションの方法を参照してください。

アプリ

レジストレーション推定2 次元グレースケール イメージのレジストレーション

関数

すべて展開する

imregister強度ベースのイメージ レジストレーション
imregconfig強度ベースのレジストレーションの構成
imregtform 2 つの 2 次元イメージまたは 3 次元イメージを位置合わせする幾何学的変換の推定
imregcorr位相相関を使用した、2 つの 2 次元イメージの位置を合わせる幾何学的変換の推定
imregdemons2 つの 2 次元イメージまたは 3 次元イメージを位置合わせさせる変位場の推定
imregmtb中央値しきい値ビットマップを使用した 2 次元イメージのレジストレーション
normxcorr2正規化された 2 次元相互相関
MattesMutualInformationマテス相互情報量メトリクスの構成
MeanSquares平均二乗誤差メトリクスの構成
RegularStepGradientDescent規則的なステップ勾配降下オプティマイザー構成
OnePlusOneEvolutionary(1+1) 進化のオプティマイザー構成
cpselectコントロール ポイント選択ツール
fitgeotrans幾何学的変換のコントロール ポイントのペアへの近似
cpcorr相互相関を使用したコントロール ポイントの位置の調整
cpstruct2pairs構造体 cpstruct からの有効なコントロール ポイントのペアの抽出
imwarpイメージへの幾何学的変換の適用

オブジェクト

すべて展開する

imref2dワールド座標に対する 2 次元イメージの参照
imref3dワールド座標に対する 3 次元イメージの参照
affine2d2 次元アフィン幾何学的変換
affine3d 3 次元アフィン幾何学的変換
projective2d 2 次元射影幾何学的変換

トピック

対話型イメージ レジストレーション

レジストレーション推定アプリを使用したイメージのレジストレーション

この例では、レジストレーション推定アプリを使用して、イメージのペアの位置合わせを行う方法を説明します。

レジストレーション推定アプリでサポートされる手法

レジストレーション推定アプリには、特徴ベース、強度ベースおよび非剛体のレジストレーションに使用する 10 個のアルゴリズムがあります。

強度ベースの最適化を使用したイメージ レジストレーション

強度ベースの自動イメージ レジストレーション

強度ベースの自動イメージ レジストレーションでは、類似度メトリクス、オプティマイザーおよび変換タイプを使用して、2 つのイメージのレジストレーションを対話形式で行います。

強度ベースのイメージ レジストレーションのオプティマイザーとメトリクスの作成

モノモーダル イメージまたはマルチモーダル イメージに適したイメージ メトリクスとオプティマイザーを選択します。

レジストレーションの前処理手順としての位相相関の使用

位相相関は、イメージの位置が大幅にずれている場合に初期変換の推定に役立ちます。

正規化された相互相関を使ったイメージのレジストレーション

この例では、イメージのトリミングされたサブセットのより大きなイメージとの位置合わせに必要な変換を決定する方法を示します。

コントロール ポイント マッピングを使用したイメージ レジストレーション

コントロール ポイント レジストレーション

変換パラメーターを決定するために、一組のイメージの対応するポイントを選択します。

コントロール ポイント レジストレーションの幾何学的変換のタイプ

コントロール ポイント レジストレーションは、無反射相似変換、アフィン変換、射影変換、多項式変換、区分的線形変換、局所重み付き平均変換のパラメーターを推定できます。

コントロール ポイントの選択手順

一組のイメージに対話形式でコントロール ポイントを指定するには、コントロール ポイント選択ツールを使用します。

相互相関を使用したコントロール ポイントの位置の改善

相互相関を使用してコントロール ポイントの選択を微調整します。

注目の例