Main Content

コントロール ポイント レジストレーション

Image Processing Toolbox™ には、あるイメージを別のイメージに位置合わせするのに必要な変換パラメーターを決定するためのポイントのマッピングをサポートするツールが付属しています。ポイントのマッピングでは、2 つのイメージからイメージ内の同じ特徴やランドマークを識別するコントロール ポイントのペアを選択します。次に、これらのコントロール ポイントの位置から幾何学的変換を推定します。最後に、幾何学的変換を移動イメージに適用すると、固定イメージと揃ったイメージが得られます。

次の図は、このプロセスを示したものです。拡張例は、コントロール ポイントを使用した投影歪みのあるイメージのレジストレーションを参照してください。

Select control points using cpselect, optionally fine tune the control points using cpcorr, estimate the transformation using fitgeotform2d, then warp the moving image using imwarp.

満足する結果が得られるまで、種々の変換タイプを使用して、このプロセスを複数回繰り返すことが必要になる場合があります。場合によっては、連続的にレジストレーションを実行して、まず全体的な大きい歪みを除去してから、以降のパスで局所的な小さい歪みを除去します。

参考

| | |

関連する例

詳細