ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

レジストレーション推定

2 次元グレースケール イメージのレジストレーション

説明

レジストレーション推定アプリは、自動イメージ レジストレーションを使用して 2 次元グレースケール イメージの位置を合わせます。このアプリを使用して次のことを実行できます。

  • 特徴ベース、強度ベースおよび非剛体のレジストレーション手法の対話形式による比較

  • レジストレーションされたイメージと幾何学的変換の取得

特徴ベースの手法

レジストレーション推定アプリには、特徴の検出とマッチングに使用する 6 つのレジストレーション手法が用意されています。

  • FAST

  • MinEigen

  • Harris

  • BRISK

  • SURF

  • MSER

強度ベースの手法

レジストレーション推定アプリには、強度メトリクス最適化に使用する 3 つのレジストレーション手法が用意されています。

  • モノモーダル強度

  • マルチモーダル強度

  • 位相相関

使用可能な手法の詳細については、レジストレーション推定アプリでサポートされる手法を参照してください。

レジストレーション推定 アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで [画像処理とコンピューター ビジョン] の下にある [レジストレーション推定] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: registrationEstimator と入力します。

プログラムによる使用

すべて展開する

registrationEstimator は、レジストレーション推定アプリを開きます。このアプリでは、強度ベース、特徴ベースおよび非剛体のイメージ レジストレーションを実行できます。

registrationEstimator(MOVING, FIXED) は、レジストレーション推定アプリを開き、グレースケール イメージ MOVING および FIXED をアプリに読み込みます。

registrationEstimator close は、レジストレーション推定アプリの開いているすべてのインスタンスを閉じます。

R2017a で導入