最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

調整可能なモデル

調整可能な係数またはパラメトリック係数をもつモデル

調整可能な一般化 LTI モデルは、固定係数と調整可能 (つまりパラメトリック) な係数の両方をもつシステムを表します。制御設計ブロックを使用して、制御システムの調整可能なコンポーネントを表します。それを数値 LTI モデルと結合して、調整可能な一般化 LTI モデルを作成します。例については、調整可能なコンポーネントを含む制御システムを参照してください。

調整可能な一般化 LTI モデルを使用すると、次の操作を実行できます。

  • 調整可能なローパス フィルターなど、制御システムの調整可能な (またはパラメトリックな) コンポーネントをモデル化

  • 次の両方を含む制御システムをモデル化

    • プラント ダイナミクスやセンサー ダイナミクスなどの固定コンポーネント

    • フィルターや補償器などの調整可能なコンポーネント

  • systune などの調整コマンドや制御システム調整器アプリを使用して、指定した設計目標に合わせて制御システムを調整

関数

すべて展開する

tunableGain調整可能な静的ゲイン ブロック
tunablePID調整可能な PID コントローラー
tunablePID2調整可能な 2 自由度の PID コントローラー
tunableSS調整可能な固定次状態空間モデル
tunableTF一定数の極と零点をもつ調整可能な伝達関数
realp調整可能な実数パラメーター
AnalysisPoint線形解析の対象のポイント
genss一般化状態空間モデル
genfrd一般化周波数応答データ (FRD) モデル
genmat調整可能なパラメーターのある一般化行列
getLoopTransfer制御システムの開ループ伝達関数
getIOTransfer制御システムの一般化モデルからの閉ループ伝達関数
getSensitivity制御システムの一般化モデルからの感度関数
getCompSensitivity制御システムの一般化モデルからの相補感度関数
getPoints制御システムの一般化モデルにおける解析ポイントのリストの取得
replaceBlock一般化 LTI モデルの制御設計ブロックの置換または更新
sampleBlock一般化モデルでの制御設計ブロックのサンプリング
rsampleBlock一般化モデルでの制御設計ブロックのランダムなサンプリング
getValue一般化モデルの現在の値
setValue制御設計ブロックの現在値の変更
getBlockValue一般化モデルの制御設計ブロックの現在値
setBlockValue一般化モデルの制御設計ブロックの値の変更
showBlockValue一般化モデルの制御設計ブロックの現在値の表示
showTunable一般化モデルの調整可能な制御設計ブロックの現在値の表示
nblocks一般化行列または一般化 LTI モデルのブロック数
getLFTModel一般化 LTI モデルの分解

トピック

一般化モデル

一般化モデルは、固定係数および調整可能な、または不確かな係数が混在しているシステムを表します。

調整可能な係数をもつモデル

パラメーター サンプリングまたは制御システムの調整のために、調整可能なモデルを使用して、制御システムの調整可能なコンポーネントをモデル化します。

調整可能なローパス フィルター

調整可能なパラメーターをもつ伝達関数を表します。

調整可能な 2 次フィルターの作成

複数の調整可能なパラメーターをもつ伝達関数を表します。

固定パラメーターと調整可能なパラメーターの両方をもつ状態空間モデルの作成

固定パラメーターと調整可能なパラメーターが混在する状態空間行列を表します。

調整可能なコンポーネントを含む制御システム

制御システム モデルを作成して、調整可能なコンポーネントと固定コンポーネントを使用した調整を行います。

マルチチャネル解析ポイントをもつ制御システム

解析ポイントをもつ制御システム モデルを作成して、システムの異なるポイントで応答を抽出します。

制御システムの解析と設計における対象信号のマーク

解析ポイントにより、MATLAB® または Simulink® でモデル化されたシステムでの内部信号へのアクセス、開ループ解析の実行、あるいはコントローラー調整の要件の指定が可能になります。