最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

realp

調整可能な実数パラメーター

構文

p = realp(paramname,initvalue)

説明

p = realp(paramname,initvalue) は、paramname で指定される名前と初期値 initvalue を指定して調整可能な実数値のパラメーターを作成します。調整可能な実数パラメーターはスカラー値または行列値にできます。

入力引数

paramname

realp パラメーター p の名前。'a' または 'zeta' などの文字ベクトルとして指定します。この入力引数は、pName プロパティの値を設定します。

initvalue

パラメーター p の初期数値。initvalue は実数のスカラー値または 2 次元行列にできます。

出力引数

p

realp パラメーター オブジェクト。

プロパティ

Name

realp パラメーター オブジェクトの名前。文字ベクトルとして格納されます。Name の値は、paramname 入力引数によって realp に設定され、変更できません。

Value

調整可能なパラメーターの値。

Value は実数のスカラー値または 2 次元行列にできます。初期値は initvalue 入力引数によって設定されます。Value の次元は realp オブジェクトの作成時には固定です。

Minimum

パラメーター値の下限。Minimum プロパティの次元は Value プロパティの次元と一致しています。

行列値のパラメーターの場合、個別の要素の下限の指定にはインデックスを使用します。

 p = realp('K',eye(2));
 p.Minimum([1 4]) = -5;

すべての行列要素に同じ下限を設定するにはスカラー拡張を使用します。

p.Minimum = -5;

既定値: すべてのエントリに対して -Inf

Maximum

パラメーター値の上限。Maximum プロパティの次元は Value プロパティの次元と一致しています。

行列値のパラメーターの場合、個別の要素の上限の指定にはインデックスを使用します。

 p = realp('K',eye(2));
 p.Maximum([1 4]) = 5;

すべての行列要素に同じ上限を設定するにはスカラー拡張を使用します。

p.Maximum = 5;

既定値: すべてのエントリに対して Inf

Free

パラメーターが自由に調整できるかどうかを指定するブール値。調整可能なパラメーターには Free プロパティを 1 (true) に設定し、固定パラメーターには 0 (false) を設定します。

Free プロパティの次元は Value プロパティの次元と一致しています。

既定値: 1 (true) すべてのエントリに対して

すべて折りたたむ

この例は、1 つの調整可能なパラメーター a をもつローパス フィルターを作成する方法を示します。

tunableTF を使用して F を表すことはできません。その理由は、tunableTF ブロックの分子と分母の係数が独立しているためです。代わりに、調整可能な実数パラメーター オブジェクト realp を使って F を構築します。

初期値 10 を使用して調整可能な実数パラメーターを作成します。

a = realp('a',10);

調整可能なフィルター F を作成するには、tf を使用します。

F = tf(a,[1 a]);

F は、Blocks プロパティに調整可能なパラメーター a をもつ genss オブジェクトです。F を他の調整可能なモデルまたは数値モデルと接続して、より複雑な制御システムのモデルを作成できます。例については、調整可能なコンポーネントを含む制御システムを参照してください。

調整可能な対角要素と 0 に固定された非対角要素を使用して行列を作成します。

初期値が単位行列であるパラメトリック行列を作成します。

p = realp('P',eye(2));

p は 2 行 2 列のパラメトリック行列です。初期値が単位行列なので、非対角初期値はゼロです。

Free プロパティを false に設定することで、非対角要素の値を固定します。

p.Free(1,2) = false;
p.Free(2,1) = false;

ヒント

  • 算術演算子 (+-*/\、および ^) を使用して realp オブジェクトを有理式または行列式に組み合わせます。その結果の式を、tfzpkss などのモデル作成関数に使用して、調整可能なモデルを作成できます。調整可能なモデルの詳細については、「Control System Toolbox™ ユーザー ガイド」の調整可能な係数をもつモデルを参照してください。

R2011a で導入