最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB モデルの調整のための設定

コマンド ラインでの調整のために MATLAB® で制御システムをモデル化

MATLAB で一般化状態空間 (genss) モデルによって表される制御システムを調整できます。そのようなモデルを作成するには、制御システムの固定コンポーネントと調整可能なコンポーネントを表す要素を相互接続します。調整可能なモデルの作成を参照してください。

関数

すべて展開する

tf伝達関数モデルの作成、伝達関数モデルへの変換
zpk零点-極-ゲイン モデルを作成するか、零点-極-ゲイン モデルに変換する
ss状態空間モデルの作成、状態空間モデルへの変換
tunableGain調整可能な静的ゲイン ブロック
tunableTF一定数の極と零点をもつ調整可能な伝達関数
tunablePID調整可能な PID コントローラー
tunablePID2調整可能な 2 自由度の PID コントローラー
tunableSS調整可能な固定次状態空間モデル
realp調整可能な実数パラメーター
AnalysisPoint線形解析の対象のポイント
connect動的システムのブロック線図相互接続
feedback2 つのモデルのフィードバック接続

トピック

調整可能なモデルの作成

固定要素には数値 LTI モデル、および調整可能な要素には制御設計ブロックを使用した systune または looptune による調整のために、制御システム モデルを作成する。

一般化モデル

一般化モデルは、固定係数および調整可能な、または不確かな係数が混在しているシステムを表します。

調整可能な係数をもつモデル

パラメーター サンプリングまたは制御システムの調整のために、調整可能なモデルを使用して、制御システムの調整可能なコンポーネントをモデル化します。

制御システムの解析と設計における対象信号のマーク

解析ポイントにより、MATLAB または Simulink® でモデル化されたシステムでの内部信号へのアクセス、開ループ解析の実行、あるいはコントローラー調整の要件の指定が可能になります。