ドキュメンテーション

スタンドアロン アプリケーション

MATLAB® 関数からのスタンドアロン アプリケーションの作成

MATLAB がインストールされていないターゲット マシンで MATLAB コードを実行する場合は、スタンドアロン アプリケーションを作成します。Application Compiler アプリを使用するか、または mcc コマンドを実行して、MATLAB コードをコンパイルします。

スタンドアロン アプリケーションを実行するには、MATLAB Runtime をインストールします。詳細については、MATLAB Runtime のインストールと構成を参照してください。スタンドアロン アプリケーションは Windows、Linux® および Mac で動作します。

アプリ

アプリケーション コンパイラ配布する MATLAB プログラムをスタンドアロン アプリケーションとしてパッケージ化する

関数

applicationCompiler関数のビルドとスタンドアロン アプリケーションへのパッケージ化
mcc配布する MATLAB 関数のコンパイル
deploytool外部配布する関数のコンパイルとパッケージ化
isdeployedコードが配布モードで実行されているのか、あるいは MATLAB モードで実行されているかを判定
ismccコードがコンパイル プロセス中に機能しているかどうかをテスト (mcc を使用)
ctfroot配布アプリケーション関連ファイルの場所
mcrversionインストールされた MATLAB Runtime のバージョンを判別
%#functionfeval、eval、Handle Graphics コールバック、または MAT ファイルから読み込まれたオブジェクトによって呼び出される関数を、MATLAB Compiler が見つけるのを補助するプラグマ

例および操作のヒント

スタンドアロン アプリケーションの作成

MATLAB からのスタンドアロン アプリケーションの作成

スタンドアロン MATLAB アプリケーションの作成と実行のワークフロー。

コマンド ラインからのスタンドアロン アプリケーションの作成

コマンド ライン コンパイラを使用してスタンドアロン アプリケーションを作成する。

アプリケーションのカスタマイズ

アプリケーションのカスタマイズ

コンパイラ アプリで生成されるインストーラーの外観をカスタマイズする方法。

サポート パッケージの管理

MATLAB アプリケーションをパッケージ化する際にサポート パッケージを含める。

MATLAB Runtime (Windows のみ) のネットワーク インストールを使用したアプリケーションの実行

MATLAB Runtime のネットワーク インストールを使用してアプリケーションを実行するために必要な手順を説明する

コンパイルしたアプリケーションの MATLAB データ ファイル

コンパイルしたアプリケーションにおける MATLAB データ ファイルの使用

並列計算

配布アプリケーションでの Parallel Computing Toolbox の使用

Parallel Computing Toolbox™ を使用するコードを配布するために必要なその他のステップについての説明

Mac OS X

アプリケーションと Mac OS X Finder の統合

Mac OS X の Finder ユーティリティから開く Mac グラフィカル アプリケーションでは、MATLAB ソフトウェアまたは MATLAB Runtime が既定の場所にインストールされていない場合、追加の構成が必要です。

概念

MATLAB Compiler と MATLAB Compiler SDK でのコンパイルでサポートされていない関数

MATLABCompiler™MATLAB Compiler SDK™ でコンパイルできない関数

配布可能な MATLAB コードの記述

パッケージ化と配布が可能な MATLAB コードの記述。

スタンドアロン アプリケーションおよび引数

引数をスタンドアロン アプリケーションに渡しその引数を使用するアプリケーションを実行する方法

配布アプリケーションでの共有ライブラリの呼び出し

MATLAB の関数 loadlibrary を使用して、共有ライブラリを MATLAB に読み込むことができます。

依存関係解析

依存関係解析関数の基本

依存関係解析関数およびコンパイル パスのユーザー操作

MATLAB Compiler は依存関係を解析するのに MATLAB 検索パスを使用します。

MEX ファイル、DLL、共有ライブラリ

依存関係関数による MEX ファイル、DLL、共有ライブラリの処理方法

トラブルシューティング

制限

コンパイル可能なものに関する制限

テスト エラー

正常にアプリケーションをコンパイルしたら、次の手順は、開発マシン上でテストし、ターゲット マシン上に配布することです。

配布アプリケーションのエラーの調査

エンド ユーザーでのアプリケーション エラーを判別するプロセス

MATLAB Runtime パス設定の問題

MATLAB Runtime パスの設定に関する問題