Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

アプリケーション コンパイラ

配布する MATLAB プログラムをスタンドアロン アプリケーションとしてパッケージ化する

説明

アプリケーション コンパイラ アプリは、MATLAB® プログラムを MATLAB 外部で実行できるアプリケーションにパッケージ化します。

Application Compiler app

アプリケーション コンパイラ アプリを開く

  • MATLAB ツールストリップ: [アプリ] タブの [アプリケーション配布] にあるアプリのアイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: 「applicationCompiler」と入力します。

パラメーター

パッケージ化する関数名 (文字ベクトル)。選択された関数はパッケージ化されたアプリケーションのエントリ ポイントです。

[パッケージ化オプション] セクションにある 2 つのオプションのいずれかを選択して、生成されるアプリケーションに MATLAB Runtime インストーラーの MATLAB Runtime フォールバックを含めるかどうかを決定することができます。MATLAB Runtime インストーラーをパッケージに含めると、パッケージのサイズはかなり大きくなります。

ランタイムを Web からダウンロード — MATLAB Runtime をダウンロードして配布された MATLAB アプリケーションと共にインストールするインストーラーを生成します。

ランタイムをパッケージに含める — MATLAB Runtime インストーラーを含むインストーラーを生成します。

このオプションを初めて選択したときに、MATLAB Runtime インストーラーをダウンロードするか、インターネットにアクセスできない場合は CD を入手するように求めるメッセージが表示されます。

アプリケーションと共に含めなければならないファイル (ファイルのリスト)。

アプリケーションと共にインストールされるオプション ファイル (ファイルのリスト)。

実行中にコマンド ウィンドウを表示しない場合、またはログ ファイルを作成する場合に、適切なボックスをオンにします。

設定

コンパイラの動作を制御するフラグ (文字ベクトル)。

テスト用ファイルが保存されるフォルダー (文字ベクトル)。

カスタム インストーラーのビルド用ファイルが保存されているフォルダー (文字ベクトル)。

生成されるインストーラーが保存されるフォルダー (文字ベクトル)。

アプリケーション情報

インストールされるアプリケーションの名前 (文字ベクトル)。

たとえば、名前が foo である場合、インストールされる実行可能ファイルは foo.exe となり、スタート メニューの項目は [foo] となります。アプリケーション用に作成されるフォルダーは InstallRoot/foo になります。

既定値は、アプリの [メイン ファイル] フィールドでリストの先頭に表示される関数の名前です。

生成されたアプリケーションのバージョン (文字ベクトル)。

インストーラー上に表示されるイメージ (イメージ)。

アプリケーションの作成者の名前 (文字ベクトル)。

アプリケーション サポートへの問い合わせに使用する電子メール アドレス (文字ベクトル)。

アプリケーションの簡単な説明 (文字ベクトル)。

アプリケーションの詳細な説明 (文字ベクトル)。

追加インストーラー オプション

アプリケーションがインストールされるフォルダー (文字ベクトル)。

アプリケーションの使用に関する追加要件についてのメモ (文字ベクトル)。

プログラムによる使用

R2013b で導入