Main Content

スタンドアロン アプリケーション

MATLAB® 関数からのスタンドアロン アプリケーションの作成

MATLAB がインストールされていないターゲット マシンで MATLAB コードを実行する場合は、スタンドアロン アプリケーションを作成します。compiler.build.standaloneApplication を実行するか、mcc コマンドを実行するか、Application Compiler アプリを使用して、MATLAB コードをコンパイルします。スタンドアロン アプリケーションは、自身が生成されたプラットフォームに対応する Windows®、Linux®macOS で実行されます。

スタンドアロン アプリケーションを実行するには、ターゲット マシンに MATLAB Runtime をインストールします。詳細については、MATLAB Runtime のインストールと構成を参照してください。

アプリ

アプリケーション コンパイラ配布する MATLAB プログラムをスタンドアロン アプリケーションとしてパッケージ化する

関数

すべて展開する

applicationCompiler関数のビルドとスタンドアロン アプリケーションへのパッケージ化
deploytoolアプリケーション デプロイ アプリのリストを開く
mccデプロイする MATLAB 関数のコンパイル
compiler.build.standaloneApplicationMATLAB の外部でデプロイ用のスタンドアロン アプリケーションを作成
compiler.build.standaloneWindowsApplicationWindows コマンド シェルを起動しない、MATLAB 外部でのデプロイ用スタンドアロン アプリケーションの作成
compiler.build.StandaloneApplicationOptionsスタンドアロン アプリケーションのビルドのオプション
compiler.build.Resultsコンパイラ ビルド結果オブジェクト
compiler.package.installerMATLAB Compiler によって生成されたファイル用のインストーラーの作成
compiler.package.InstallerOptionsMATLAB Compiler パッケージ インストーラーの作成オプション
compiler.package.dockerLinux オペレーティング システム上で MATLAB Compiler により生成されたファイルの Docker イメージを作成
compiler.package.DockerOptionsDocker オプション オブジェクトの作成
compiler.codetools.deployableSupportPackagesファイルで使用されるサポート パッケージの特定
ctfroot配布アプリケーション関連ファイルの場所
isdeployedコードがデプロイ モードで実行されているのか、あるいは MATLAB モードで実行されているかを判定
ismccコードがコンパイル プロセス中に機能しているかどうかをテスト (mcc を使用)
mcrversionMATLAB のバージョンに対応する MATLAB Runtime のバージョン番号を返す
%#functionfevalevalHandle Graphics コールバック、または MAT ファイルから読み込まれたオブジェクトを通して呼び出される関数の MATLAB Compiler による検出を補助するプラグマ
%#excludemcc コマンド実行中の依存関係の解析時にファイルまたは関数の依存関係を無視

トピック

スタンドアロン アプリケーションの作成

アプリケーションのカスタマイズ

Docker へのパッケージ化

パッケージ化

並列計算

Mac OS X

依存関係解析

ベスト プラクティス

トラブルシューティング