Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

isdeployed

コードが配布モードで実行されているのか、あるいは MATLAB モードで実行されているかを判定

説明

x = isdeployed は、関数が MATLAB® Runtime を使用して配布モードで実行されている場合は logical 1 (true) を、MATLAB セッションで実行されている場合は 0 (false) を返します。

配布モードで実行されるアプリケーションは、MATLAB セッション外で MATLAB Runtime ライブラリを使って実行されるスタンドアロンの実行可能ファイルや共有ライブラリへと MATLAB Compiler™ を使ってパッケージ化された、MATLAB 関数とデータのコレクションで構成されています。

すべて折りたたむ

配布アプリケーションのパスはコンパイル時に固定され、変更できません。isdeployed を使用して、アプリケーションが必ず配布前に addpath を使用するようにします。

if ~(ismcc || isdeployed)
    addpath(mypath);
end

配布アプリケーションでは、データをプリンターに送信するために print ではなく deployprint を使用しなければなりません。

if ~isdeployed
    print
else 
   deployprint
end

関数 doc を使用して配布アプリケーションからヘルプ ブラウザーを開くことはできません。代わりに、ヘルプ クエリを MathWorks® の Web サイトにリダイレクトしてください。

if ~isdeployed
    doc(mfile);
else 
   web('https://www.mathworks.com/support.html');
end

拡張機能

R2006a より前に導入