Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ismcc

コードがコンパイル プロセス中に機能しているかどうかをテスト (mcc を使用)

構文

x = ismcc

説明

x = ismcc は、関数が mcc 依存関係チェッカーによって実行されている場合は true を返し、されていない場合は false を返します。

この関数が、MATLAB® 外部のシステム コマンド プロンプトで実行されている mcc が開始したコンパイル プロセスにより実行されている場合は、true を返します。この関数は、MATLAB および配布されたモードで実行されている場合は、false を返します。配布されたモードの実行をテストするには、isdeployed を使用します。この関数は、コードが MATLAB Compiler™ (mcc) や MATLAB Compiler SDK™ で実行されないよう保護するために、matlabrc または hgrc (あるいは startup.m など、これらの関数内で呼び出される関数) で使用しなければなりません。

典型的な例では、ADDPATH 呼び出しが MATLAB コード内にあります。これらの実行は、このページの例に示すように、コンパイル プロセス中には ismcc を、startup.m 内の配布アプリケーションでは isdeployed を使用して抑えることができます。

`% startup.m
    if ~(ismcc || isdeployed)
       addpath(fullfile(matlabroot,'work'));
    end 

拡張機能

参考

|

R2008b で導入