Main Content

デプロイされたアプリケーションのインストール

コンパイルしたアプリケーションのインストーラーを作成した後は、グラフィカル インターフェイスを使用して対話的にインストールするか、コマンド ライン引数を使用して非対話的にインストールすることができます。

アプリケーションの対話的インストール

MyAppInstaller を使用して、アプリケーション my_app を対話的にインストールするには、オペレーティング システムに応じて以下の手順を実行します。

  1. インストーラーを起動します。

    プラットフォーム手順
    Windows®

    ファイル MyAppInstaller.exe をダブルクリックします。

    Linux®

    ターミナルで、次を入力します。

    sudo -H ./MyAppInstaller.install

    メモ

    ルート ユーザーに、実行中の X サーバーへのアクセスを許可しなければならないことがあります。

    xhost +SI:localuser:root
    sudo -H ./install
    xhost -SI:localuser:root

    sudo は、書き込み権限のないディレクトリにインストールする場合にのみ必要です。

    macOS

    ターミナルで、次を入力します。

    ./MyAppInstaller

    メモ

    ./MyAppInstaller を実行した後に、管理者のユーザー名とパスワードの入力が必要になる場合があります。

  2. プロキシ サーバーを使用してインターネットに接続する場合は、[接続設定] をクリックします。提示されるウィンドウにプロキシ サーバーの設定を入力して、[OK] をクリックします。[次へ] をクリックします。

  3. アプリケーションのインストール フォルダーを選択します。デスクトップ ショートカットを作成するには、[ショートカットをデスクトップに追加] というラベルのボックスをオンにします。[次へ] をクリックします。

  4. まだ MATLAB® Runtime がマシンにインストールされていない場合は、MATLAB Runtime ライブラリのインストール フォルダーを選択して、[次へ] をクリックします。

  5. [はい] を選択して、MATLAB Runtime のライセンス許諾の条件に同意し、[次へ] をクリックします。

  6. [インストール >] をクリックしてインストールを開始します。

  7. Linux および macOS プラットフォームでは、ディスクにファイルがコピーされた後、インストーラーにより [製品の設定に関するメモ] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスには、PATH 環境変数の設定に必要な情報が含まれています。このダイアログ ボックスからパスの情報をコピーしてテキスト ファイルに保存し、[次へ] をクリックします。環境変数の設定の詳細については、デプロイ用の MATLAB Runtime パスの設定を参照してください。

  8. [終了] をクリックしてインストーラーを終了します。

  9. 既定の設定を受け入れた場合、インストールしたアプリケーションは次のいずれかの場所にあります。

    WindowsC:\Program Files\my_app
    macOS/Applications/my_app
    Linux/usr/my_app

アプリケーションの非対話的インストール

多数のインストールを実行する場合、インストール引数をコマンド ライン引数として指定するか、インストーラー コントロール ファイルで指定することにより、時間を節約してエラーを防ぐことができます。インストール引数を指定すると、インストーラーがバックグラウンド タスクとして実行され、ダイアログ ボックスは一切表示されません。

非対話的に実行する場合、インストーラーはインストール場所を上書きします。

注意

Linux および macOS システムでは、インストーラーによって、環境変数の設定に必要な情報が [製品の設定に関するメモ] ダイアログ ボックスに表示されます。インストーラーを非対話的に使用する場合は、インストール後にライブラリ パスを設定するために、MATLAB Runtime インストール ディレクトリを配置しなければなりません。詳細については、デプロイ用の MATLAB Runtime パスの設定を参照してください。

アプリケーションをサイレント モードでインストールするには、以下を行います。

  1. コマンド ラインでインストーラーを実行し、オプション -agreeToLicense yes を指定します。

    プラットフォームコマンド
    WindowsMyAppInstaller.exe -agreeToLicense yes
    Linux

    sudo ./MyAppInstaller.install -agreeToLicense yes

    メモ

    sudo は、書き込み権限のないディレクトリにインストールする場合にのみ必要です。

    macOS./MyAppInstaller -agreeToLicense yes

    メモ

    最初のオプションとして -agreeToLicense yes を含めない場合、インストーラーはアプリケーションをインストールしません。

  2. インストールのログを表示します。

    Windows システムでは、インストーラーによって環境変数 TEMP で定義された場所に mathworks_username.log というログ ファイルが作成されます。ここで username は Windows のログイン名です。-outputFile オプションを使用して、ログ ファイルを指定できます。

    Linux システムおよび macOS システムでは、インストーラーによりコマンド プロンプトにログ情報が表示されます。-outputFile オプションを使用してファイルを指定すると、ログ情報がファイルにも保存されます。

非対話的インストールのカスタマイズ

非対話的に実行する場合、特に指定しなければインストーラーではインストール オプションに既定値が使用されます。MATLAB インストーラーと同様に、アプリケーション インストーラーは、既定のインストール プロパティを変更するいくつかのコマンド ライン オプションを受け入れます。

コマンド ラインでオプションを指定するには、各オプションとその値をスペースで区切ります。たとえば、Linux では次のようになります。

./MyAppInstaller.install -agreeToLicense yes \
-outputFile myapp_log.txt -destinationFolder ~/Apps/magicsquare

オプション説明コメント
-destinationFolderアプリケーションと MATLAB Runtime をインストールする場所を指定します。インストール先フォルダーで、MATLAB Runtime は、R2022b などの対応する MATLAB リリースに従って名付けられたフォルダーにインストールされます。
-outputFileインストール ログ ファイルの書き込み先を指定します。 
-automatedModeTimeout自動モードで実行する際にダイアログ ボックスをどのくらいの間表示するかを、ミリ秒単位で指定します。既定値は 1000 ミリ秒です。
-desktopShortcut true|falseインストールするアプリケーションのデスクトップ ショートカット アイコンを作成するかどうかを指定します。既定値は false です。このオプションは Windows でのみ使用します。
-startMenuShortcut true|falseインストールするアプリケーションの [スタート] メニュー ショートカット アイコンを作成するかどうかを指定します。既定値は false です。このオプションは Windows でのみ使用します。
-tmpdirインストール時に一時ファイルが保存される場所を指定します。インストーラーにより、ディレクトリ内のすべてのものが上書きされます。
-inputFileコマンド ライン オプションと値を含むインストーラー コントロール ファイルを指定します。

各オプションの前のダッシュを省略し、各オプションと値のペアを個別の行に配置します。以下に例を示します。

agreeToLicense yes
outputFile myapp_log.txt

関連するトピック