Main Content

デプロイ用の MATLAB Runtime パスの設定

MATLAB® Compiler™ または MATLAB Compiler SDK™ で生成されたアプリケーションはシステム ライブラリ パスを使用して、MATLAB Runtime ライブラリを見つけます。Windows® 用の MATLAB Runtime インストーラーは、インストール時にライブラリ パスを自動的に設定しますが、Linux® または macOS では、ライブラリを手動で追加する必要があります。MATLAB Runtime をインストールした後、オペレーティング システムとシェル環境での手順に従って、ランタイム フォルダーをシステム ライブラリ パスに追加します。

あるいは、MATLAB Runtime の場所を入力として、Linux または macOS 上で関連付けられたシェル スクリプト (run_application.sh) に渡し、アプリケーションを起動できます。

メモ

  • ライブラリ パスには、MATLAB Runtime の複数のバージョンが含まれている場合があります。シェル スクリプトを使用せずに起動したアプリケーションでは、パスにリストされている最初のバージョンが使用されます。

  • ライブラリ パスを変更する前に、現在のパスの値をバックアップとして保存してください。

  • MATLAB Runtime のネットワーク インストールを使用している場合は、MATLAB Runtime のネットワーク インストールを使用したアプリケーションの実行を参照してください。

ライブラリ パスの環境変数と MATLAB Runtime のフォルダー

オペレーティング システム環境変数ディレクトリ
WindowsPATH<MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>\runtime\<arch>
LinuxLD_LIBRARY_PATH

<MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/runtime/glnxa64

<MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/bin/glnxa64

<MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/sys/os/glnxa64

<MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/extern/bin/glnxa64

macOSDYLD_LIBRARY_PATH

<MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/runtime/maci64

<MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/bin/maci64

<MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/sys/os/maci64

<MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/extern/bin/maci64

Windows

Windows 用の MATLAB Runtime インストーラーは、インストール時にライブラリ パスを自動的に設定します。インストーラーを使用しない場合は、以下の手順を実行して環境変数 PATH を永続的に設定します。

  1. C:\Windows\System32\SystemPropertiesAdvanced.exe を実行し、[環境変数...] ボタンをクリックします。

  2. システム変数 Path を選択し、[編集...] をクリックします。

    メモ

    マシンの管理者権限がない場合は、システム変数の代わりにユーザー変数 Path を選択します。

  3. [新規] をクリックし、フォルダー <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>\runtime\<arch> を追加します。

    たとえば、64 ビット Windows の既定のインストール フォルダーにある MATLAB Runtime R2022b を使用している場合は、C:\Program Files\MATLAB\MATLAB Runtime\R2022b\runtime\win64 を追加します。

  4. [OK] をクリックして変更を適用します。

メモ

パスに複数の MATLAB Runtime のバージョンが含まれている場合、アプリケーションではパスにリストされている最初のバージョンが使用されます。

Linux

Bash 以外のシェルにおける環境変数の設定については、シェルのドキュメンテーションを参照してください。

Bash シェル

  1. ターミナルに、LD_LIBRARY_PATH の現在値を表示します。

    echo $LD_LIBRARY_PATH

  2. 現在のセッション用に、MATLAB Runtime のフォルダーを変数 LD_LIBRARY_PATH に追加します。

    export LD_LIBRARY_PATH="${LD_LIBRARY_PATH:+${LD_LIBRARY_PATH}:}\ <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/runtime/glnxa64:\ <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/bin/glnxa64:\ <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/sys/os/glnxa64:\ <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/extern/bin/glnxa64"

    メモ

    低水準グラフィックスの問題を解決するために Mesa Software OpenGL® のレンダリングが必要な場合は、パスにフォルダー <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/sys/opengl/lib/glnxa64 を追加します。詳細については、低水準グラフィックス問題の解決を参照してください。

    たとえば、既定のインストール フォルダーにある MATLAB Runtime R2022b を使用している場合は、次のコマンドを使用します。

    export LD_LIBRARY_PATH="${LD_LIBRARY_PATH:+${LD_LIBRARY_PATH}:}\ /usr/local/MATLAB/MATLAB_Runtime/R2022b/runtime/glnxa64:\ /usr/local/MATLAB/MATLAB_Runtime/R2022b/bin/glnxa64:\ /usr/local/MATLAB/MATLAB_Runtime/R2022b/sys/os/glnxa64:\ /usr/local/MATLAB/MATLAB_Runtime/R2022b/extern/bin/glnxa64"

  3. LD_LIBRARY_PATH の新しい値を表示して、パスが正しいことを確認します。

    echo $LD_LIBRARY_PATH

  4. ldd --version と入力して、GNU® C ライブラリ (glibc) のバージョンを確認します。表示されたバージョンが 2.17 以前の場合は、次のコマンドを使用して <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/bin/glnxa64/glibc-2.17_shim.so を環境変数 LD_PRELOAD に追加します。

    export LD_PRELOAD="${LD_PRELOAD:+${LD_PRELOAD}:}\ <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/bin/glnxa64/glibc-2.17_shim.so"

  5. これらの変更を永続的なものにする場合は、UNIX でのパスの永続的な設定を参照してください。

macOS

  1. ターミナルに、DYLD_LIBRARY_PATH の現在値を表示します。

    echo $DYLD_LIBRARY_PATH

  2. 現在のセッション用に、MATLAB Runtime のフォルダーを変数 DYLD_LIBRARY_PATH に追加します。

    export DYLD_LIBRARY_PATH="${DYLD_LIBRARY_PATH:+${DYLD_LIBRARY_PATH}:}\ <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/runtime/maci64:\ <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/bin/maci64:\ <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/sys/os/maci64:\ <MATLAB_RUNTIME_INSTALL_DIR>/extern/bin/maci64"

    たとえば、既定のインストール フォルダーにある MATLAB Runtime R2022b を使用している場合は、次のコマンドを使用します。

    export DYLD_LIBRARY_PATH="${DYLD_LIBRARY_PATH:+${DYLD_LIBRARY_PATH}:}\ /Applications/MATLAB/MATLAB_Runtime/R2022b/runtime/maci64:\ /Applications/MATLAB/MATLAB_Runtime/R2022b/bin/maci64:\ /Applications/MATLAB/MATLAB_Runtime/R2022b/sys/os/maci64:\ /Applications/MATLAB/MATLAB_Runtime/R2022b/extern/bin/maci64"

  3. DYLD_LIBRARY_PATH の値を表示して、パスが正しいことを確認します。

    echo $DYLD_LIBRARY_PATH

  4. これらの変更を永続的なものにする場合は、UNIX でのパスの永続的な設定を参照してください。

UNIX でのパスの永続的な設定

注意

MATLAB Runtime ライブラリが、ライブラリ パスを使用する他のアプリケーションと競合することがあります。この場合には、現在のセッションについてのみパスを設定するか、生成されたシェル スクリプトを使用して MATLAB Compiler のアプリケーションを実行します。

Linux または macOS へのログイン時に環境変数を設定するには、Bash シェルの構成ファイル ~/.bash_profile または Zsh シェルの構成ファイル ~/.zprofileexport コマンドを追加します。

現在のシェル環境を確認するには、echo $SHELL を入力します。

関連するトピック