Main Content

MATLAB Compiler を使用した依存関係の解析

MATLAB® Compiler™ は依存関係解析関数を使用して、生成されるパッケージに含める必要なファイルのリストを決定します。このプロセスでは、長いファイル リストの生成される場合があります。これは特に、MATLAB オブジェクト クラスがコンパイルに存在し、依存関係解析ではパッケージ化時にオーバーロード メソッドを解決できない場合に発生します。依存関係解析では、各パスの include/exclude ファイルも処理します。

ヒント

パッケージ化時のパフォーマンスを改善し、アプリケーション サイズを小さくするには、mcc コマンドの -N および -p フラグを使用してパスを短くします。また、コンパイラ アプリで [アプリケーションの実行に必要なファイル] を指定するか、関数 compiler.buildAdditionalFiles オプションを使用することもできます。

関数の依存関係

依存関係解析では、以下のような実行可能コンテンツが検索されます。

  • MATLAB ファイル

  • P ファイル

    メモ

    P ファイルに対応する MATLAB ファイルが使用できない場合、依存関係の解析では P ファイルの依存関係を判断できません。

  • .fig ファイル

  • MEX ファイル

データ ファイルの依存関係

上記の実行可能コンテンツに加え、MATLAB Compiler は、audioinfoaudioreadcsvreaddaqreaddlmreadfilereadfopenimfinfoimportdataimreadloadmatfilemmfileinfoopenreadtabletypeVideoReaderxlsfinfoxlsreadxmlreadxslt のうち任意の関数を呼び出して、MATLAB 関数がアクセスするファイルの検出と自動インクルードを行うことができます。

特定のファイルが確実にインクルードされるようにするには、関数内でファイルの絶対パスを文字配列として指定します。

fileread('D:\Work\MATLAB\Project\myfile.ext')

コンパイラ アプリは、これらのデータ ファイルを [アプリケーションの実行に必要なファイル] 領域に自動的に追加します。

パッケージからのファイルの除外

依存関係の解析中にデータ ファイルを無視するには、以下のオプションを 1 つ以上使用します。これらのオプションを一緒に使用する方法の例は、%#exclude を参照してください。

  • 依存関係の解析中にファイルまたは関数を無視するために、MATLAB コードで %#exclude プラグマを使用する。

  • 依存関係の解析中に検出されたすべてのデータ ファイルを無視するために、mcc コマンドで -X フラグを使用する。

  • データ ファイルが自動的にパッケージに含まれるかどうかを制御するために、関数 compiler.buildAutoDetectDataFiles オプションを使用する。これを false/'off'/0 に設定することは、-X の使用と等価です。

参考

| |

関連するトピック