ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルの設定

Simulink® モデルをコマンド ラインからの調整用に構成

コマンド ラインで Simulink モデルを調整するには、slTuner インターフェイスを使用してモデルを調整用に構成し、調整するブロックを指定して、解析ポイントを指定します。slTuner インターフェイスには Simulink モデルの線形近似と、システムの調整に必要なその他の情報が保存されます。例については、Simulink モデルに対する slTuner インターフェイスの作成と設定を参照してください。

関数

すべて展開する

slTunerSimulink モデルの制御システム調整のインターフェイス
slTunerOptionsslTuner のインターフェイス オプションを設定
addBlockslTuner インターフェイスの調整ブロックのリストにブロックを追加
addOpeningslLinearizer または slTuner インターフェイスの開始点リストに信号を追加
addPointslLinearizer または slTuner インターフェイスの解析ポイントのリストに信号を追加
refreshslLinearizer または slTuner インターフェイスを現在のモデル状態と再同期
removeAllOpeningsslLinearizer または slTuner インターフェイスの永続的な開始点のリストからすべての開始点を削除
removeAllPointsslLinearizer または slTuner インターフェイスの解析ポイントのリストからすべての点を削除
removeBlockslTuner インターフェイスの調整ブロックのリストからブロックを削除
removeOpeningslLinearizer または slTuner インターフェイスの永続的なループ開始点のリストから開始点を削除
removePointslLinearizer または slTuner インターフェイスの解析ポイントのリストから点を削除
setBlockParamslTuner インターフェイス内の調整ブロックのパラメーター化を設定
setBlockRateConversionslTuner インターフェイスの調整ブロックのレート変換を設定
setBlockValueslTuner インターフェイス内の調整ブロックのパラメーター化の値を設定
writeBlockValueSimulink モデルのブロック値の更新
writeLookupTableData調整後のルックアップ テーブルの一部を更新
getBlockParamslTuner インターフェイス内の調整ブロックのパラメーター化を取得
getBlockRateConversionslTuner インターフェイスの調整ブロックのレート変換設定を取得
getBlockValueslTuner インターフェイス内の調整ブロックのパラメーター化の現在値を取得
getOpeningsslLinearizer または slTuner インターフェイスの開始点のリストを取得
getPointsslLinearizer または slTuner インターフェイスの解析ポイントのリストを取得
showTunableslTuner インターフェイスの調整可能ブロックのパラメーター化の値を表示

例および操作のヒント

Simulink モデルに対する slTuner インターフェイスの作成と設定

slTuner を使用して、コマンド ラインでの制御システムの調整および解析のために Simulink モデルのインターフェイスを作成します。

Simulink での制御システムの調整

コマンド ラインで systune または looptune を使用して、Simulink でモデル化された制御システムを自動的に調整する。

LTI システムの配列を使用した非線形動作の近似

線形パラメーター変動モデルを使用して非線形システムのダイナミクスを近似できます。

概念

制御システムの解析と設計における対象信号のマーク

解析ポイントにより、MATLAB® または Simulink でモデル化されたシステムでの内部信号へのアクセス、開ループ解析の実行、あるいはコントローラー調整の要件の指定が可能になります。

調整された Simulink ブロックをパラメーター化する方法

制御システム調整器と slTuner インターフェイスの両方が、事前定義されたパラメーター化を特定の Simulink ブロックに自動的に割り当てます。