ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プログラムによる調整

コマンド ラインでの制御システムの調整

コマンド ラインで systune コマンドを使用して制御システムを調整できます。そのためには、slTuner インターフェイスを使用して Simulink® モデルを線形化と調整用に構成し、調整するブロックと解析ポイントを指定します。

調整目標のライブラリによって、高位の設計要件を高速自動調整に適した形で捉えることが可能です。このライブラリには、設定値追従、外乱の抑制、ループ形状、閉ループ減衰、安定余裕といった、標準の制御目的が含まれています。

  • モデルの設定
    Simulink モデルをコマンド ラインからの調整用に構成
  • 調整目標
    コマンド ライン調整用の設計要件の指定
  • 調整、解析、検証
    コマンド ラインで制御システム パラメーターを調整して結果を解析

注目の例