ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

自動調整のワークフロー

制御システムの調整をコマンド ラインで行う場合も制御システム調整器を使用する場合も、基本的なワークフローには次の手順が含まれます。

  1. 固定値ブロックと調整可能なパラメーターをもつブロックから制御システムのモデルを作成することにより、制御アーキテクチャを定義します。これは次のいずれかの方法で実行できます。

    • 制御システムの Simulink® モデルを作成する (Simulink モデルの調整には Simulink Control Design™ ソフトウェアが必要)。

    • 制御システム調整器で使用可能な事前定義された制御アーキテクチャを使用する。

    • コマンド ラインで、数値 LTI モデルと調整可能な制御設計ブロックから、制御システムの調整可能な genss モデルを作成する。

    詳細については、制御システム調整器での制御アーキテクチャの指定を参照してください。

  2. 調整のためのモデルを設定します。

  3. 調整目標を指定します。調整目標のライブラリを使用して、設定値追従、外乱の抑制、安定余裕などの要件を取得します。

  4. モデルを調整します。systune コマンドまたは制御システム調整器を使用して、指定した調整目標を最もよく満たすように制御システムの調整可能なパラメーターを最適化します。次に、調整後のシステム応答を解析して設計を検証します。コマンド ラインまたは制御システム調整器のどちらを使用した場合でも、システムの応答をプロットし、設計を検証するために必要なシステム パフォーマンスのあらゆる側面を調べることができます。