ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルの設定

モデルを制御システム調整器での自動調整用に設定

制御システム調整器を使用すると、Simulink® でモデル化された任意の制御アーキテクチャを調整できます。モデルを調整用に設定するには、調整に使用する操作点を指定して、調整するブロックを選択します。

グラフィカル ツール

制御システム調整器固定構造制御システムの調整

例および操作のヒント

Simulink モデルを調整するために制御システム調整器を開く

Simulink エディターの [解析] メニューから制御システム調整器にアクセスします。

制御システム調整器で調整するための操作点の指定

制御システム調整器がシステム応答を計算し、Simulink モデルのコントローラーのパラメーターを調節するときの操作条件を指定します。

制御システム調整器で調整するブロックの指定

調整する制御要素である Simulink ブロックを指定します。

制御システム調整器でのブロック パラメーター化の表示と変更

調整用に指定した各ブロックに対して制御システム調整器で適用されるパラメーター化を表示および編集します。

プラントのパラメーターの値が複数の場合の調整

プラントでパラメーターの変動がある場合に制御システム調整器を使用して制御システムを調整する。このロバストなコントローラー設計アプローチでは、プラントのパラメーターがそのノミナル値から変化する場合に性能目的を満たすよう、システムを調整することができます。

概念

制御システムの解析と設計における対象信号のマーク

解析ポイントにより、MATLAB® または Simulink でモデル化されたシステムでの内部信号へのアクセス、開ループ解析の実行、あるいはコントローラー調整の要件の指定が可能になります。

調整された Simulink ブロックをパラメーター化する方法

制御システム調整器と slTuner インターフェイスの両方が、事前定義されたパラメーター化を特定の Simulink ブロックに自動的に割り当てます。