最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

制御システム調整器

固定構造制御システムの調整

説明

制御システム調整器アプリは、MATLAB® または Simulink® でモデル化された制御システムを調整します (Simulink Control Design™ ソフトウェアが必要)。このアプリでは、設計目標が満たされるように任意の制御システム アーキテクチャを調整できます。1 つ以上のフィードバック ループに分布している、次数と構造の固定された複数の制御要素を調整できます。

制御システム調整器は、必須の要件 (設計制約) が満たされ他の要件 (目的) もできるだけうまく満たされるように、コントローラーのパラメーターを自動的に調整します。調整目標のライブラリによって、設計要件を高速自動調整に適した形で取得することが可能です。使用できる調整目標には、設定値追従、外乱の抑制、ループ形状、閉ループ減衰、安定余裕など、標準の制御目的が含まれています。

制限

制御システム調整器MATLAB Online™ で使用する場合、以下の機能は使用できません。

  • Simulink モデルの調整

  • 調整レポート

  • 変数エディター

制御システム調整器 アプリを開く

  • MATLAB ツールストリップ: [アプリ] タブの [制御システム設計と解析] で、アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: controlSystemTuner と入力します。

  • Simulink モデル エディター: [解析][制御設計][制御システム調整器] を選択します。

プログラムによる使用

すべて展開する

controlSystemTuner が制御システム調整器アプリを開きます。入力引数を指定せずに呼び出した場合、制御システム調整器は、既定の単一ループ フィードバック制御システムのアーキテクチャを調整するために開かれます。その後、制御システム調整器での制御アーキテクチャの指定で説明されているように、この既定のアーキテクチャのコンポーネントを編集できます。

controlSystemTuner(CL) は、genss モデルの CL で指定された制御アーキテクチャを調整するためのアプリを開きます。制御アーキテクチャが制御システム調整器の事前定義された制御アーキテクチャと一致しない場合、コントローラー要素を表す調整可能なコンポーネントをもつ genss モデルでこの構文を使用します。制御システム調整器での制御アーキテクチャの指定を参照してください。

controlSystemTuner(mdl) は Simulink モデル内のブロックを調整するためのアプリを開きます。mdl は、現在の作業ディレクトリまたは MATLAB パスに保存されている Simulink モデルの名前です (Simulink Control Design ソフトウェアが必要)。

controlSystemTuner(ST) は、slTuner インターフェイス ST に関連付けられた Simulink モデルを調整するためのアプリを開きます。制御システム調整器は、解析ポイントや操作点などの情報を ST から受け取ります (Simulink Control Design ソフトウェアが必要)。

controlSystemTuner(sessionfile) はアプリを開き、以前に保存したセッションを読み込みます。

制御システム調整器を使用する場合、[セッションの保存] をクリックしてセッション データ (作成した調整目標、定義した応答 I/O、操作点および保存された設計など) をディスクに保存できます。sessionfile は、現在の作業ディレクトリまたは MATLAB パスに保存されているセッション データ ファイルの名前です。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2016a での動作変更

参考

関数

R2016a で導入