Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink モデルを調整するために制御システム調整器を開く

Simulink® モデルを調整するために制御システム調整器を開くには、モデルを開きます。Simulink モデル ウィンドウの [アプリ] ギャラリーで、[制御システム調整器] をクリックします。

制御システム調整器の各インスタンスは、そのインスタンスが開かれる Simulink モデルにリンクされています。制御システム調整器ウィンドウのタイトル バーに、関連する Simulink モデルの名前が反映されています。

コマンド ラインにおける同等の操作

MATLAB® コマンド ラインで、Simulink モデルを調整するために controlSystemTuner コマンドを使用して制御システム調整器を開きます。たとえば、次のコマンドを使用するとモデル rct_helico.slx制御システム調整器が開きます。

controlSystemTuner('rct_helico')

SLT0 が Simulink モデルへの slTuner インターフェイスである場合、次のコマンドはインターフェイスの情報 (調整するブロック、解析ポイントなど) を使用して制御システム調整器を開きます。

controlSystemTuner(SLT0)

関連する例

詳細