ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

調整目標

制御システム調整器による調整の設計要件を指定

制御システム調整器の調整目標のライブラリによって、高位の設計要件を高速自動調整に適した形で捉えることが可能です。これらを使用して、設定値追従、オーバーシュート、外乱の抑制、開ループ安定余裕といった設計目的を指定します。ソフトウェアは、指定した目標が最もよく満たされるように制御システムの自由パラメーターを調整します。フィードバック ループをターゲット ループの帯域幅および安定余裕に合わせて調整するには、クイック ループ調整を使用します。

例および操作のヒント

制御システム調整器でのフィードバック ループのクイック ループ調整

要件を取得する調整目標を明示的に作成することなく、指定された帯域幅および安定余裕を満たすように制御システムを制御システム調整器で調整します。

対話型調整の目標の指定

制御システム調整器を調整するために設計要件を指定します。

調整目標の管理

調整目標を柔軟な要件または厳密な制約として指定します。

概念

フィードバック ループの調整

クイック ループ調整

制御システム調整器において、ループ整形アプローチを使用して SISO または MIMO フィードバック ループを調整します。

時間領域の調整目標

ステップ追従目標

制御システム調整器を使用している場合に、指定された入力から指定された出力へのステップ応答をターゲット応答とほぼ一致させます。

ステップ抑制目標

制御システム調整器を使用している場合に、ステップ外乱を抑制するための最小標準を設定します。

過渡目標

制御システム調整器を使用しているときに、特定の入力信号に対する閉ループ システムの応答を整形します。

LQR/LQG 目標

制御システム調整器を使用しているときに、ホワイトノイズ入力への応答で線形 2 次ガウシアン (LQG) のコストを最小化または制限します。

周波数領域の調整目標

ゲイン目標

制御システム調整器を使用しているときに、指定した入力/出力の伝達関数のゲインを制限します。

分散目標

制御システム調整器を使用しているときに、指定した出力信号でのホワイトノイズの影響を制限します。

設定値追従目標

制御システム調整器を使用しているときに、指定した性能で指定した出力が基準入力を追従するようにします。

オーバーシュート目標

制御システム調整器を使用しているときに、指定した入力から指定した出力へのステップ応答のオーバーシュートを制限します。

外乱の抑制目標

制御システム調整器を使用しているときに、特定の位置での特定の周波数帯域内の外乱を減衰します。

感度目標

制御システム調整器を使用しているときに、外乱に対するフィードバック ループの感度を制限します。

重み付けゲイン目標

制御システム調整器で調整するための周波数重み付けゲインの範囲。

重み付け分散目標

制御システム調整器で調整するための指定した出力信号に対するノイズの影響を制限する周波数重み付け。

ループ整形と安定余裕の調整目標

最小ループ ゲイン目標

制御システム調整器を使用しているときに、低周波数でのフィードバック ループのゲインをブーストします。

最大ループ ゲイン目標

制御システム調整器を使用しているときに、高周波数でのフィードバック ループのゲインを抑制します。

ループ整形目標

制御システム調整器を使用しているときに、フィードバック ループの開ループ応答を整形します。

余裕目標

制御システム調整器を使用しているときに、特定のゲインと位相余裕を適用します。

制御システムの調整における安定余裕

制御システム調整器および viewGoal は、安定余裕を周波数の関数として表示します。

受動性とセクター境界の調整目標

受動性目標

制御システム調整器を使用しているときに、特定の入力/出力配置図の受動性を適用します。

円錐セクター目標

制御システム調整器を使用する場合は、特定の入力/出力マップのセクター境界を適用します。

重み付け受動性目標

制御システム調整器で調整するときに周波数重み付け伝達関数の受動性を適用します。

システム ダイナミクスの調整目標

極目標

制御システム調整器を使用しているときに、閉ループ システム、指定したフィードバック ループまたは指定した開ループの構成のダイナミクスを制約します。

コントローラー極目標

制御システム調整器を使用しているときに、調整された制御システム内の指定した調整可能なブロックのダイナミクスを制約します。