ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

調整、解析、検証

制御システム調整器で制御システムのパラメーターを調整し、結果を解析

モデルが調整用に設定されると、制御システム調整器は調整可能な係数を設計要件に合わせて調整します。調整レポートは、調整された設計が要件をどの程度満たしているかを要約したものです。

結果を検証するには、システム応答を調べて調整目標がどれくらい正確に満たされているかを評価します。Simulink® でモデル化された制御システムの場合、完全な非線形システムに照らして検証するため、調整されたパラメーター値をモデルに書き込みます。

トピック

厳密な要件と柔軟な要件

調整目標の管理

調整目標を柔軟な要件または厳密な制約として指定します。

解析と検証

数値的な調整結果の解釈

systune および制御システム調整器からの調整レポートによって、調整された制御システムが調整目標をどの程度満たしているかの概要がわかります。

調整目標の可視化

調整目標プロットによって、設計要件を調整後のシステム応答に対して可視化し、調整目標のどの領域をどの程度達成しているか、あるいは違反しているかを確認できます。

調整された制御システムの検証

制御システムを調整する場合、調整されたパラメーターでシステム応答を確認して結果を検証します。

制御システム調整器での応答プロットの作成

制御システム調整器では、時間領域と周波数領域のさまざまなタイプの応答プロットを生成できます。モデル内の任意の位置における入力と出力の間の SISO 伝達関数または MIMO 伝達関数の応答を表示します。

制御システム調整器での調整されたコントローラー パラメーターの確認

データ ブラウザーまたは調整されたブロック エディターを使用して、制御システム調整器で調整されたコントローラーのパラメーターを確認します。

複数の調整コントローラーの性能の比較

制御システム調整器によって、2 つの異なる調整目標セットで調整した制御システムの性能を比較できます。

コマンド ラインでの調整のために制御システム調整器から MATLAB コードを生成

生成されたスクリプトは、制御システム調整器を使用して対話的に得た結果をプログラムで再現する際に有用です。

調整のワークフロー

制御システム調整器を使用した制御システムの調整

Simulink でモデル化された MIMO マルチループ制御システムを、制御システム調整器アプリを使用して調整する。

制御システム調整器を使用したリニア電動アクチュエータの制御

制御システム調整器を使用して、Simulink でモデル化されたマルチループの制御システムを調整する。

水タンク水位の受動制御

制御システム調整器アプリを使用して、Simulink でモデル化された非線形プラントの受動性ベースのコントローラーを調整する。