ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

調整、解析、検証

コマンド ラインで制御システム パラメーターを調整して結果を解析

モデルが調整用に設定されたら、systune コマンドによって、設計要件が満たされるように調整可能な係数を調整します。

関数

すべて展開する

systuneslTuner を使用して Simulink 内の制御システムのパラメーターを調整
systuneOptionssystune のオプションの設定
getIOTransferslLinearizer または slTuner インターフェイスを使用して指定された I/O セットの伝達関数
getLoopTransferslLinearizer または slTuner インターフェイスを使用した指定点での開ループ伝達関数
getSensitivityslLinearizer または slTuner インターフェイスを使用した指定された点での感度関数
getCompSensitivityslLinearizer または slTuner インターフェイスを使用する、指定された点での相補感度関数
writeBlockValueSimulink モデルのブロック値の更新
getTunedValueslTuner インターフェイスにおける調整された変数の現在の値を取得
setTunedValueslTuner インターフェイスにおける調整された変数の現在の値の設定
viewGoal調整目標の表示、調整目標に対する設計の検証
evalGoal調整された制御システムの調整目標の評価

トピック

解析と検証

数値的な調整結果の解釈

systune および制御システム調整器からの調整レポートによって、調整された制御システムが調整目標をどの程度満たしているかの概要がわかります。

調整目標の可視化

調整目標プロットによって、設計要件を調整後のシステム応答に対して可視化し、調整目標のどの領域をどの程度達成しているか、あるいは違反しているかを確認できます。

調整された制御システムの検証

制御システムを調整する場合、調整されたパラメーターでシステム応答を確認して結果を検証します。

結果の検証

この例では、systune からの調整結果を解釈して検証する方法を説明します。

調整のワークフロー

コマンド ラインでの制御システムの調整

調整可能な制御システム モデルの作成および調整目標の指定を行った後、systune を使用してシステムのパラメーターを調整する。

マルチループ制御システムの調整

systune コマンドを使用してカスケード アーキテクチャの内側と外側のループを一緒に調整する。

Parallel Computing Toolbox ソフトウェアを使用した調整の高速化

Parallel Computing Toolbox™ ソフトウェアがインストールされている場合は、固定構造制御システムの調整を高速化できます。

モーション コントロール分野への適用

カート上の倒立振子の制御

この例では、カート上の倒立振子を制御するために systune を使用します。

リニア電動アクチュエータの制御

slTunersystune を使用して、飽和制限によりリニア電動アクチュエータの電流ループと速度ループを調整する。

SYSTUNE を使用したフィールド オリエンテッド コントローラーの調整

1 回のシミュレーションで非同期機のフィールド オリエンテッド コントローラーを調整する。

産業オートメーション分野への適用

電力段の電圧のデジタル制御

サンプリング周波数に近い帯域幅で高性能デジタル コントローラーを調整します。

ディーゼル エンジンの MIMO 制御

systune を使用してディーゼル エンジンの MIMO コントローラーを設計し、調整する。このコントローラーは、単一の操作条件の離散時間で調整されます。

航空宇宙分野への適用

ヘリコプターのマルチループ制御

slTunersystune を使用して、回転翼航空機のマルチループ コントローラーを調整する。

ジェット旅客機の固定構造自動操縦

slTunersystune を使用して前方向の自動操縦の標準的な構成を調整する。

ジェット旅客機のフォールトトレラント制御

プラントの複数の操作モードのコントローラーを調整して、ジェット旅客機の信頼できる制御を実現します。