Main Content

調整、解析、検証

コマンド ラインで制御システム パラメーターを調整して結果を解析

モデルが調整用に設定されたら、systune コマンドによって、設計要件が満たされるように調整可能な係数を調整します。

関数

すべて展開する

systuneslTuner を使用して Simulink 内の制御システムのパラメーターを調整
systuneOptionssystune のオプションの設定
getIOTransferslLinearizer または slTuner インターフェイスを使用して指定された I/O セットの伝達関数
getLoopTransferslLinearizer または slTuner インターフェイスを使用した指定点での開ループ伝達関数
getSensitivityslLinearizer または slTuner インターフェイスを使用した指定された点での感度関数
getCompSensitivityslLinearizer または slTuner インターフェイスを使用する、指定された点での相補感度関数
writeBlockValueSimulink モデルのブロック値の更新
getTunedValueslTuner インターフェイスにおける調整された変数の現在の値を取得
setTunedValueslTuner インターフェイスにおける調整された変数の現在の値の設定
viewGoal調整目標の表示、調整目標に対する設計の検証
evalGoal調整された制御システムの調整目標の評価

トピック

解析と検証

  • 数値的な調整結果の解釈
    systune および制御システム調整器からの調整レポートによって、調整された制御システムが調整目標をどの程度満たしているかの概要がわかります。
  • 調整目標の可視化
    調整目標プロットによって、設計要件を調整後のシステム応答に対して可視化し、調整目標のどの領域をどの程度達成しているか、あるいは違反しているかを確認できます。
  • 調整された制御システムの検証
    制御システムを調整する場合、調整されたパラメーターでシステム応答を確認して結果を検証します。
  • 結果の検証
    この例では、systune からの調整結果を解釈して検証する方法を説明します。

調整のワークフロー

モーション コントロール分野への適用

産業オートメーション分野への適用

航空宇宙分野への適用