ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink Function

Simulink モデルでアクセスできる関数の作成

Simulink® 関数は、一連の入力が与えられた場合に一連の出力を計算する計算単位です。Simulink 関数には、関数定義や関数呼び出しに共通のテキスト インターフェイスが用意されているため、ユーザーの選択に応じて関数を定義することができます。以下を使用して関数を定義できます。

  • Simulink Function ブロックで Simulink ブロックを使用

  • エクスポートされた Stateflow® グラフィカル関数で Stateflow ステート遷移を使用

  • エクスポートされた Stateflow MATLAB 関数で MATLAB® コード ステートメントを使用

関数の定義後は、Function Caller ブロック、MATLAB Function ブロックまたは Stateflow チャートを使用してその関数を呼び出すことができます。

ブロック

すべて展開する

Simulink FunctionSimulink ブロックで定義される関数
Argument InportSimulink Function ブロックの引数入力端子
Argument OutportSimulink Function ブロックの引数出力端子
Function CallerSimulink またはエクスポートされた Stateflow 関数の呼び出し
MATLAB Function組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含める
Chart有限ステート マシンで制御ロジックを実装
Inportサブシステムの入力端子、または外部入力を作成
Outportサブシステムの出力端子または外部出力を作成

トピック

Simulink 関数の概要

共通のテキスト インターフェイスを関数の呼び出し元と共有する Simulink モデルの関数。

Simulink Function ブロックとエクスポートされた Stateflow 関数の使用

関数および関数呼び出し元を Simulink モデルに追加します。

参照モデルにおける Simulink Function ブロック

モデル コンポーネントで関数を追加し、関数にアクセスします。

スコープ内およびグローバルの Simulink Function ブロックの概要

Simulink Function ブロックの可視性とアクセスの指定

サブシステムのスコープ内の Simulink Function ブロック

関数のスコープをサブシステムに制限する。

モデルのスコープ内の Simulink Function ブロック

関数のスコープをモデルに制限する。

クライアント/サーバー アーキテクチャを使用した診断

呼び出し元がエラー コードを渡す関数を使用して診断サービスを作成します。

注目の例