Main Content

システム データの管理

測定データのインポート、シミュレーション データの生成、コマンド ラインおよびアプリで使用するためのデータの整理

データ解析は状態監視と予知保全の中核です。予知保全のためにアルゴリズムを設計するには、データが表すシステムと状態を追跡しながら、大量のデータを整理し解析する必要があります。

Predictive Maintenance Toolbox™ は、ローカルやリモートで保管されているセンサー データを管理するためのツールや、Simulink® モデルを実行してシミュレーション データを生成するためのツールを提供します。Predictive Maintenance Toolbox で多面的なデータセットを整理し管理するための主要単位はアンサンブルです。"アンサンブル" は、さまざまな状態下でシステムを測定またはシミュレートすることによって作成されたデータセットのコレクションです。アンサンブルを管理するには、アンサンブル データストア オブジェクトを使用します。アンサンブルの仕組みと使用方法の詳細については、状態監視と予知保全のためのデータ アンサンブルを参照してください。

診断特徴デザイナー アプリには、データの処理と特徴の抽出を行う対話型のツールが含まれています。アプリはさまざまな形式のデータセットを受け入れ、アプリ内でデータを統合して、セッション中にデータを内的に管理します。アプリの詳細については、診断特徴デザイナーを使用したアンサンブル データの調査と特徴の比較を参照してください。

オブジェクト

fileEnsembleDatastoreカスタム ファイル形式でのアンサンブル データの管理
simulationEnsembleDatastoreManage ensemble data generated by generateSimulationEnsemble or by logging simulation data in Simulink
workspaceEnsemble診断特徴デザイナーで生成されたコードを使用して、MATLAB ワークスペースに保存されたアンサンブル データを管理します。

関数

generateSimulationEnsembleGenerate ensemble data by running a Simulink model
readRead member data from an ensemble datastore
writeToLastMemberReadWrite data to member of an ensemble datastore
hasdataデータが読み取り可能かどうかを判別
resetデータ ストアの初期状態へのリセット
subsetCreate new ensemble datastore from subset of existing ensemble datastore
numpartitionsデータ ストアの区画数
partitionデータ ストアを分割する
progress 読み取ったデータ量の判定
talltall 配列の作成

トピック

アンサンブル データストアの基礎

診断特徴デザイナーでのデータ管理