Main Content

データの前処理

より高度な信号処理の準備としてのデータのクリーニングとラベル付け

予知保全のアルゴリズムの設計では、より特殊な、特徴に焦点を当てた処理を適用する前に、データをクリーンアップして信号のラベル付けなどの他の事前操作を実行するための、基本的なデータ前処理が必要なことがよくあります。データの前処理は、Predictive Maintenance Toolbox™ のアンサンブル データストアで管理されている測定データやシミュレーション データの配列または table に対して実行できます。データの前処理のいくつかの一般的なタイプについての概要は状態監視と予知保全のためのデータの前処理を参照してください。

アプリ

データ クリーナー列方向データの前処理と整理 (R2022a 以降)
信号ラベラー対象となる信号の属性、領域および点へのラベル付けまたは特徴の抽出 (R2019a 以降)

関数

すべて展開する

fillmissing欠損エントリを埋める
filloutliersデータの外れ値の検出と置き換え
smoothdataノイズの多いデータの平滑化
movmean移動平均値
detrend多項式のトレンドを削除
rescale配列要素のスケール範囲

トピック

  • 状態監視と予知保全のためのデータの前処理

    信号処理手法を用いてデータを前処理し、クリーニングを行い、状態インジケーターを抽出できる形式に変換する。システムに関する知識は適切な前処理方法を選択するために役立ちます。