Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

予知保全アルゴリズムの展開

状態監視と予知保全アルゴリズムの実装と展開

通常、予知保全アルゴリズムの展開または統合は、アルゴリズム開発ワークフローの最終段階です。アルゴリズムを最終的に展開する方法は、アルゴリズム設計のより早い段階における考慮事項にもなり得ます。MathWorks® 製品では、予知保全アルゴリズムの開発、展開、検証プロセスのいくつかのフェーズがサポートされています。

関数

すべて展開する

codegenMATLAB コードから C/C++ コードを生成する
mcc配布する MATLAB 関数のコンパイル
saveRULModelForCoderSave RUL model for use in code generation
loadRULModelForCoderLoad and reconstruct RUL model from file for use in code generation
readStateGet degradation RUL model state for use at runtime
restoreStateRestore degradation RUL model state at runtime

トピック

展開の基礎

予知保全アルゴリズムの展開

予知保全アルゴリズムの展開と実装のフェーズを理解する。

RUL 予測アルゴリズムの展開

残存耐用期間の予測用コードの生成

残存耐用期間 (RUL) を予測するためのアルゴリズムを展開します。このようなコード生成は、RUL モデルの学習が済み、予測アルゴリズムを他の環境に展開する準備が整っている場合に便利です。

Generate Code that Preserves RUL Model State for System Restart

Generate code that preserves the state of the RUL model when the prediction algorithm is stopped and restarted.