Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

診断特徴デザイナーでのアンサンブル データのインポートと可視化

診断特徴デザイナーは、多機能グラフィカル インターフェイスを使用して、特徴を作成し、状態インジケーターの候補を評価できるアプリです。

アプリはデータ アンサンブルを処理します。"アンサンブル" は、さまざまな状態下でシステムを測定またはシミュレートすることによって作成されたデータ セットのコレクションです。1 つの状態セットにおける 1 つのシステムについて表す個々のデータセットが "メンバー" です。診断特徴デザイナーは、1 つの操作の実行時にすべてのアンサンブル メンバーを処理します。

この例では、診断特徴デザイナーにデータをインポートし、インポートしたデータを可視化する方法を示します。

トランスミッション モデル データの読み込み

この例では、Simulink を使用した故障データの生成のトランスミッション システム モデルから生成されたデータを使用します。モデルの出力には以下のものが含まれます。

  • ケーシングの振動を監視するセンサーからの振動測定

  • シャフトが 1 回転するたびにパルスを発するタコメーターからのデータ

  • モデル化された故障の存在を示す故障コード

データを読み込みます。データは、モデルのさまざまな状態下での複数のシミュレーションで記録された変数を含む table です。16 個のメンバーがトランスミッション モデルのログから抽出され、アンサンブルを形成しています。それらのメンバーのうちの 4 個は健全データを表し、残りの 12 個のメンバーはさまざまなレベルのセンサー ドリフトを示しています。

load dfd_Tutorial dataTable

この table を MATLAB® コマンド ウィンドウで表示します。

dataTable =

  16×3 table

        Vibration               Tacho           faultCode
    __________________    __________________    _________

    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        0    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        0    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        0    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        0    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1    
    [6000×1 timetable]    [6000×1 timetable]        1  
table は 16 行で、それぞれが 1 つのメンバーを表します。各列は変数名になっています。データ変数 VibrationTacho は timetable でそれぞれ表され、timetable の長さはすべて同じです。3 番目の変数 faultCode は状態変数です。faultCode の値は、健全であれば 0、劣化であれば 1 です。

診断特徴デザイナーを開く

診断特徴デザイナーを開くには、コマンド ウィンドウで次のように入力します。

diagnosticFeatureDesigner

データのインポート

MATLAB ワークスペースに前に読み込んだデータセットをインポートします。インポート処理を開始するには、[特徴デザイナー] タブで [新規セッション] をクリックします。

The New Session button is the leftmost item in the Feature Designer tab.

[新規セッション] ダイアログ ボックスが開きます。[変数の追加選択] ペインで、[ソース][変数を選択] のリストから [dataTable] を選択します。

The Source Choose variable list shows one entry, "dataTable".

ダイアログ ボックスの [ソース変数] ペインに、[dataTable] 内の変数が表示されます。既定では、アプリは最初にすべてのソース変数をインポート対象として選択します。

New session dialog. Source selection of "dataTable" is on the left. Source variables are in the middle. Source variable properties is empty.

変数名は、メンバーの table と組み込みの timetable からアプリが抽出したものです。変数 Vibration と変数 Tacho の名前の横にあるアイコンは、アプリがそれらの各変数を変数 Time と変数 Data を含む時間ベースの信号として解釈していることを示しています。この解釈については、下部の [概要] ペインで確認できます。このペインには、ソースレベルの各変数について、変数の名前、型、および独立変数が表示されます。

3 つ目の変数として [Sample (バーチャル)] もリストに表示されますが、この変数は選択されず、[概要] に表示されません。これは、アプリ内でバーチャル独立変数を生成するためのオプションとして、インポート ダイアログに常に含まれる変数です。VibrationTacho のどちらについても、この変数が選択されていない状態で含まれるため、選択ボックスはチェック マークではなく塗りつぶされた状態になります。

Vibration の行を選択して、Vibration のプロパティを表示します。

The "Vibration" row is selected in the source variables on the left. The properties of "Vibration" and a table containing its first 10 values are on the right.

[ソース変数プロパティ] ペインに、変数の名前が Vibration、変数の型が [信号] と表示されます。Vibration では、振動データが timetable にパッケージ化されているため、[変数の型] のオプションは [信号] だけになります。[ソース変数プロパティ] には、Vibration のデータのプレビューも表示されます。

次に、faultCode の変数の型を調べます。faultCode の横のヒストグラムが描かれたアイコンは、特徴を表すものです。特徴と状態変数はどちらもスカラーで表現できるため、状態変数が categorical でない限り、アプリは両者を識別できません。変数の型を変更するには、faultCode をクリックしてプロパティを開き、[変数の型][特徴量][状態変数] に変更します。

The "faultCode" row is selected in on the left. The Variable type list on the right contains Feature, Condition Variable, and Independent Variable

これで、faultCode のアイコンには状態変数を表すラベルが描かれるようになります。

"faultCode" now has an icon that looks like a paper tag.

[概要] でアンサンブルの指定内容を確認し、[インポート] をクリックします。

Summary window shows the ensemble name on the top left. The table below contains rows for Vibration, Tacho, and faultCode. Each row contains columns for Variable Name, Variable Type, and Independent Variable.

これで、インポートした信号が [信号とスペクトル] 領域に含まれ、インポートしたアンサンブル Ensemble1[データセット] 領域に含まれます。

信号の横のカラー コードは、その信号のプロットにおける色を表します。信号の左のアイコンは変数の型を示し、インポートした変数の場合は Signal になります。

The data browser shows Vibration/Data and Tacho/Data with legend lines of different colors.

[データセット] 領域で名前を選択して、データセットに関する情報を表示します。

The Datasets area displays the number of members in the dataset, the signals, the features, and the condition variables.

データの可視化

信号を読み込んだらプロットし、すべてのアンサンブル メンバーを一緒に表示します。振動信号を表示するには、[信号とスペクトル] ペインで Vibration/Data を選択します。信号変数を選択すると、プロット ギャラリーの [信号トレース] オプションが有効になります。[信号トレース] をクリックします。

The Signal Trace Icon is the rightmost icon in this portion of the feature designer tab.

プロット領域に、16 個のすべてのメンバーの信号トレース プロットが表示されます。カーソルをデータに移動すると、カーソルを合わせているメンバーが右下隅のインジケーターで識別されます。2 番目のインジケーターは、そのメンバーの故障コードの値を示します。

ズームやパンなど、MATLAB の標準のプロット ツールを使用してトレース プロットを操作します。それらのツールにアクセスするには、プロットの右上のエッジにカーソルを合わせます。[信号トレース] プロットを選択すると表示される [信号トレース] タブで特別なオプションを使用することもできます。

信号トレース オプションを使用したデータの調査

[信号トレース] タブのオプションを使用してプロットのデータを調べます。

The plot on the right shows multiple signals of the same color. Data cursors intersect two major peaks of one of the members. Information about the member is in the lower right corner.

ピークが高いいずれかのメンバーについて、ピーク間の距離を測定します。

  1. 2 番目のピークのクラスターにズームインします。パナー ストリップで、右のハンドルを 8 のあたりに移動します。次に、左のハンドルが 4 のあたりになるようにパナー ウィンドウを移動します。これで、2 番目のピークのセットがウィンドウ内に収まります。

  2. 最初の高いピークで一時停止し、メンバーの番号をメモします。2 番目の高いピークも同じメンバー トレースの続きです。

  3. [データ カーソル] をクリックし、[垂直方向のカーソル] を選択します。左のカーソルを最初の高いピークに合わせ、右のカーソルをそのメンバーの 2 番目のピークに合わせます。プロットの右下隅に間隔 dX が表示されます。

  4. [水平方向の間隔をロック] を選択します。カーソル ペアを同じメンバーのピーク 1 つ分だけ右にシフトします。右のカーソルがメンバーの 3 番目のピークに揃うことに注意してください。

  5. ハンドルをパナーのエッジに戻してウィンドウ全体を復元します。

faultCode の値が一致するメンバーを色分けして表示します。[アンサンブル ビューの基本設定]、["faultCode" でグループ化] を選択します。

The Ensemble View Preferences menu contains "Group by faultCode" and "Configure View".]

結果の信号トレースから、高い振動のピークはいずれも故障システムからのデータに関連していることがわかります。ただし、すべての故障システムのピークが高いわけではありません。

The plot of the signals now contains two colors, one for members with faultCode = 1, and one for members with faultCode = 0.

セッション データを保存します。このデータは、診断特徴デザイナーでのデータの処理と特徴の調査の例を実行するために必要になります。

The Save Session icon is the third icon from the left in the Feature Designer tab.

次のステップ

次のステップでは、特徴を使用してデータを特徴付けるさまざまな方法を調べます。診断特徴デザイナーでのデータの処理と特徴の調査の例で、特徴の調査のプロセスを説明します。

参考

関連するトピック